住宅にかかる税金

不動産取得税を減額する方法 特定住宅を建てれば、さらに減額される

土地や建物を取得すると、都道府県から税金が課せられます。

この不動産の「取得」に対して課せられる税金の事を
不動産取得税と言います。

当然マイホームを購入すると
土地・建物を取得することになるため、
土地・建物それぞれに不動産取得税が課せられます。

ちなみに「取得」とは売買・新築だけでなく
増築、交換、贈与、寄付、土地造成
などによる取得も含まれます。

しかし、住宅用に土地・建物を購入した場合は
不動産取得税が減額される特例があります。

続きを読む

父母や祖父母からお金をもらってもマイホーム購入費用に使うと贈与税が減額される

個人から資金の贈与を受けた場合、その資金に対して、
贈与税がかかります。

しかし、平成33年12月31日までに、
父母や祖父母などの直系尊属から、もらった
資金をマイホームの新築・取得・改築などのための
資金(住宅取得資金)として使った場合は、
贈与税が最大3,000万円まで課税されません。

この特例のことを
住宅取得資金贈与の非課税特例
と言います。

このページでは、住宅取得資金贈与の非課税特例の
非課税限度額や条件について、詳しくご紹介します。

続きを読む

借り換えたら住宅ローン控除はうけられない?住宅ローン控除を継続する方法

住宅ローンの返済は長期に渡るため、
少しでも金利は安い方が良いですよね。

そのため、住宅ローンの金利が変動したりすると、
住宅ローン借り換えシミュレーションをすると思います。

シミュレーションの結果、借り換えた方が
住宅ローン総返済額が少なくなるのであれば、
すぐに借り換えを検討すると思います。

しかし、借り換えをした場合、
住宅ローン控除は、そのまま継続して受けられるのでしょうか?
気になると思います。

そこで、このページでは
・借り換えても住宅ローン控除を受けることができるのか?
・借り換える場合の注意点

などについて、詳しく説明します。

続きを読む

店舗・事務所などの併用住宅を購入した場合の住宅ローン控除の取り扱い

住宅の一部を店舗や事務所などにしている
住宅のことを併用住宅と言います。

最近では自営業の人に限らず、
自宅で仕事をしたり、趣味が高じて
家の中でショップを開く人も増えてきたので
併用住宅を検討する人も多いのではないでしょうか?

では、併用住宅を購入した場合、住宅ローン控除の対象になるのか?
また、住宅ローン控除の対象となる場合、どのような取り扱いになるのか?
気になると思います。

このページでは、併用住宅を購入した場合の
住宅ローン控除の取り扱いについて詳しく説明します。

続きを読む

夫婦共有の場合、住宅ローン控除は夫婦ともに受けられる?

ひと昔前までは、
夫が外で働き、妻が家を守るという家庭が多かったですが、
最近は、共働きの夫婦が増えてきました。

それに伴い、マイホームを購入する場合も
単独所有ではなく、夫婦で共有するケースが増えてきました。

では、例えば夫婦共有で住宅を購入した場合

夫婦2人とも住宅ローン控除を受けることができるのか?
それとも、夫婦どちらか一方しか住宅ローン控除を
受けることができないのか?

気になるところだと思います。

そこで、このページでは、
夫婦共有でマイホームを購入した場合の住宅ローン控除について、
また、その他夫婦で共有する場合の注意点について詳しく説明します。

続きを読む

住宅ローン控除の条件・計算方法 最大500万円返ってくる

平成33年12月31日までに住宅ローンを使って
住宅の新築、取得、増改築等をして、
住み始めた場合、住み始めてから
10年間住宅ローン控除を利用することができます。

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、
つまり、マイホームを購入した場合、
住宅ローン控除で最大500万円返ってくる可能性があります!!

このページでは、住宅ローン控除の制度について
わかりやすくご紹介します。

続きを読む