住居に関する豆知識

共益費・管理費

毎月支払う家賃の詳細を見てみると家賃の他にも
駐車場利用料、共益費、管理費と言う項目が
含まれていることがあります。

このページでは共益費・管理費について説明します。
※駐車場利用料、共益費、管理費の項目は必ずある項目ではありません。
賃貸物件によっては、これらの項目がない場合があります。

共益費・管理費の金額

共益費・管理費の金額は決まっていません。

大家さんによっては家賃と共益費・管理費とを区別せずに
まとめて家賃に含めている場合もあります。

共益費・管理費として請求される場合、地域によっても異なりますが、
大体月額家賃の5%~10%の金額が相場と言われています。

共益費・管理費の性質

共益費とは

共益費とはマンションやアパートなどの共有部分と呼ばれる
スペースの維持管理(清掃、修復等含む)に必要な費用のことです。

例えば
・エレベーターの電気代・保守点検費用
・廊下や駐車場などの定期清掃費用
・浄化槽の保守点検費用
・敷地内にある電灯の電気代・電球代
・当該物件の固定資産税
・当該物件の都市計画税
等です。

管理費とは

管理費とは物件そのものの維持管理に必要な費用のことです。

共益費は共有部分の費用に限定されていたのに対し、管理費は
物件そのものの維持管理全般の費用のことを指すため、より
広い意味での維持管理費用となります。

共益費・管理費の違い

上記のとおり厳密に言うと共益費と管理費で意味合いは違うんですが、運用する上では
明確な区別はなく、大家さんによっても定期が異なるため、借りる側としては
共益費=管理費と考えても特に問題はありません。

共益費・管理費を安くするには

共益費・管理費も交渉によって値引きすることは可能です。
まずは駄目もとで交渉してみましょう!!

しかし、共益費・管理費の性質上、原則として金額が高ければ
高いだけ維持管理にお金を掛けていることになりますし、逆に
安ければ安いだけお金を掛けていないと言うことになります。

例えばエレベーターがある物件とない物件を比べた場合、当然
エレベーターがある物件の方が共益費・管理費は高くなります。

下見に行ったときに、エレベーター等の設備があったり、敷地内が
清掃されているなど、キチンと管理されていて、尚且つ金額も相場の
範囲内であれば共益費・管理費の値引きについては諦めましょう。

しかし、エレベーター等の設備がなかったり、敷地内の電灯の電球が切れていたり、
周辺が汚かったりとキチンと管理されていないのにも関わらず、
共益費・管理費の金額がそれなりにする場合は、他の物件の共益費・管理費を
引き合いに価格交渉をしてみましょう。

安くなる可能性が高くなります。

前家賃と後家賃とは

家賃の支払い方法と言うか支払い時期には
実は2通りあります。

それは前払い後払いです。

前払いする家賃のことを通称「前家賃」と呼び
後払いする家賃のことを通称「後家賃」と呼びます。

続きを読む

LDKとは

LDK=Living Dining Kitchen(リビングダイニングキッチン)の略です。
リビングとは居間を意味します。

そのため、リビングダイニングキッチンとは1つの部屋に
居間と食事とキッチンの機能を持たせることができるほどの広さを表しています。

一般的には10畳以上の広さであればリビングダイニングキッチンと
表示されます。

K、DK、LDKの広さを比較するとLDKが最も広い間取りになります。
(狭い)K<DK<LDK(広い)

Rと異なりKDK、LDKの場合、部屋数は前につく数字の部屋数+キッチン等になります。
そのため、少なくても2部屋以上の間取りになります。


・1Kの場合、1つの部屋+キッチンのため全2部屋
・2DKの場合、2つの部屋+ダイニングキッチンのため全3部屋
・3LDKの場合、3つの部屋+リビングダイニングキッチンのため全4部屋

自分が部屋を探していたときは2LDK(3部屋)3LDK(4部屋)の間取りが
多かった印象です。

<h2>おすすめの世帯</h2>

間取りや広さによって異なりますが、
1LDKは2人世帯、2LDKは2~4人、3LDKは3~5人世帯におすすめの間取りです。

1人世帯で住むよりも家族で住むのにおすすめな間取りとなっています。

<h2>LDKを選ぶときの注意点</h2>

LDKの部屋を選ぶときの注意点はただ1つです。

<h3>家具選びに気をつけよう</h3>

他の間取りでも言えることですが、LDKの間取りは特に
広いので、大きい家具を購入しがちです。

しかし、部屋の中は広くても入口が狭いと、その大きな家具は
入らないことも多々あります。

結果、せっかく購入しても入れられずアウトレットの新古品として
売られてしまう・・・なんてことになりかねないので、部屋の広さにだけ囚われず、
ちゃんと家具が入るかどうかを確認してから購入しましょう。

LDKくらいの広さの部屋になると、十分広いので
間取りに関して言えば、特に注意することはないと思います。

<h2>個人的な感想</h2>

私は残念ながらLDKの部屋には住んだことがありません。

結婚してから部屋探しをした時は、候補として2DK、2LDK、3LDKの
部屋を中心に探していました。

その時、私が見たLDKの部屋はLDKの部分を仕切ることも出来たので
2LDKを3DKの部屋として使うこともできました。

最近はそういうLDKの間取りが主流なのかな?
わかりませんが、紹介されたLDKの間取りはそういう形の部屋が
多かったです。

私がLDKの部屋を選ばなかった理由は部屋の広さは十分でしたが、
周辺にある施設等の関係でやめました。

まだ子どもが小さいので、現在の2DKの部屋で十分ですが、
いずれはLDKの部屋に引越ししたいですね。

DKとは

DK=Dining Kitchen(ダイニングキッチン)の略です。
ダイニングとは食事をするところを意味します。

そのため、ダイニングキッチンとは1つの部屋に食事とキッチンの機能を
持たせることができるほどの広さを表しています。

一般的には6畳以上の広さであればダイニングキッチンと表示されます。

Rと異なりK、DK、LDKの場合、部屋数は前につく数字の部屋数+キッチン等になります。
そのため、少なくても2部屋以上の間取りになります。


・1Kの場合、1つの部屋+キッチンのため全2部屋
・2DKの場合、2つの部屋+ダイニングキッチンのため全3部屋
・3LDKの場合、3つの部屋+リビングダイニングキッチンのため全4部屋

自分が部屋を探していたときは1DK(2部屋)2DK(3部屋)の間取りが
多かった印象です。

おすすめの世帯

間取りや広さによって異なりますが、
1DKは1~2人世帯、2DKは2~3人世帯におすすめの間取りです。

2DKに1人で住んでいたこともありますが、単身世帯の場合、2DKの広さが
あれば、かなり快適に住めます!!

DKを選ぶときの注意点

DKの部屋を選ぶときの注意点はただ1つです。

世帯構成を考えよう

DKの部屋になると1人で暮らす分には十分な広さです。
しかし、結婚して子どもを産んでとなると部屋が狭くなってしまいます。

2人だと1DKまで、3人だと2DKまでだと思います。
4人以上になると子どもが小さい間は2DKでも大丈夫ですが、小学生以上になると
やはり狭いですよね。

その部屋にいつまで住むかによりますが、結婚の予定がある場合は
いずれ転居する事も視野に入れて住む必要があります。

個人的な感想

私個人としては2DKが一番好きな間取りです。

現在結婚して子ども2人(4歳と1歳)がいますが、2DKに住んでいます。
別の部屋ですが、1人暮らしの時も2DKに住んでいました。

1人暮らしの時の2DKは最高に快適でした。
社会人になってから大阪市、浜松市に住んでいたんですが、どちらも
2DKの部屋に住んでいました。

家賃は1K、1Rと比べて多少高くなりますが、それでも2DKの方が
絶対に良い!!と言えるくらい快適でした。

1部屋を物置にしてしまえば残りの2部屋を荷物のないキレイな状態で
使えるので、掃除が趣味って人は別ですが、たまにしかない
休日くらいゆっくりしたい!!って人には本当にオススメです。

しかし…さすがに4人家族で2DKは少し狭いです。
今はまだ子どもも小さいので大丈夫ですが、将来的には3LDK以上の部屋に
引っ越さないといけないなと感じています。

なので家族で住むには少し狭いですが、1人暮らしには本当にオススメの間取りです。

Kとは

K=Kitchen(キッチン)の略です。

Rと異なりK、DKLDKの場合、部屋数は前につく数字の部屋数+キッチン等になります。
そのため、少なくても2部屋以上の間取りになります。


・1Kの場合、1つの部屋+キッチンのため全2部屋
・2DKの場合、2つの部屋+ダイニングキッチンのため全3部屋
・3LDKの場合、3つの部屋+リビングダイニングキッチンのため全4部屋

1Kの場合、部屋数的にはキッチンと居室がわかれているため2部屋ですが、
キッチンが狭いので、印象としては、ほぼ1部屋です。

1Kと1Rを比べた場合、仕切りがある分、1Kの方が少し狭い印象を受けると思います。
このキッチンと居室がドアで仕切られているところが1Kと1Rの最大の違いです。

おすすめの世帯

1Kは1R同様、新生活を始める学生など、単身者向けの間取りです。

Kを選ぶときの注意点

Kの部屋を選ぶときの注意点は2つあります。

部屋が狭い

仕切りがある分、同じ専有面積でも1Rと比べると1Kはかなり狭く感じます。
また一応2部屋ありますが、そのうちKの部分については
廊下程度のスペースしかありません。

なので実際に部屋を見てみると「あれ?1部屋しかない?」と
言った印象を受けると思います。

調理スペースが狭い

Kの場合、廊下にキッチンがあるため、調理スペースが
かなり狭いところが多いです。

お湯を沸かすだけ、冷凍食品の解凍やインスタントを調理するだけなら
問題ないですが、自炊したい場合は、ちょっと狭すぎることが多いです。

個人的な感想

1Kの部屋に住んだことはありませんが、1Rと1Kのどちらかに
住む場合は断然1Kの部屋を選びます。

1Kは玄関と居間の間に仕切りがあるため、1Rと比べて
エアコンの利きが良いですし、外の音も聞こえにくいので
おすすめです。

ただ、都心部はわかりませんが、1Kや1Rに住むのは
学生までが良いと思います。

社会人になると荷物も増えてきますし、ゆっくりするスペースが
欲しくなるので、1Kや1Rは、少し狭いと思います。

また、学生と比べて安定した収入も入ってくるようになるので、
家賃は多少上がりますが単身者であっても社会人には1K、1Rではなく
1DK又は2DKくらいの部屋を個人的にはおすすめします。

間取りの種類

部屋探しをすると部屋の情報としてR、K、DK、LDKなど
アルファベットで表記されていると思います。

これらのアルファベットは部屋数とリビング、ダイニング、キッチン
があるかどうかを表しています。
※トイレ・浴室は部屋数に含まれていません。

部屋数の表示

部屋数はアルファベットの前の数字を見て知ることができます。
このように書くと、部屋数=アルファベットの前の数字と思ってしまいそうですが、
そうではありません。

部屋数=アルファベットの前の数字+キッチン等です。
そのため2DKの場合は2部屋+DKがあるので合計3部屋あることになります。
K、LDKも同じです。

ただしRは違うので注意して下さい。
Rの間取りは少し特殊で前につく数字=全部屋数になります。
そして2R、3Rのような間取りはありません。

アルファベットの意味

Rとは

R=Room(ルーム)の略です。
1R=ワンルームのことです。

間取りは1部屋で、その1部屋の中にキッチンもあります。
扉で仕切られていないタイプの部屋です。

学生など単身者向けの間取りです。

詳しくはRとはをご覧下さい。

Kとは

K=Kitchen(キッチン)の略です。
Rとほぼ同じ広さの部屋になりますが、キッチンと居室が
ドアで仕切られているところが最大の違いです。

部屋数的にはキッチンと居室がわかれているため2部屋ですが、
キッチンが狭いので、印象としては、ほぼ1部屋です。

仕切りがある分、Rより少し狭いです。

KもR同様、学生など単身者向けの間取りです。
詳しくはKとはをご覧ください。

DKとは

DK=Dining Kitchen(ダイニングキッチン)の略です。
ダイニングとは食事をするところを意味します。

そのため、ダイニングキッチンとは1つの部屋に食事とキッチンの機能を
持たせることができるほどの広さを表しています。

一般的には6畳以上の広さであればダイニングキッチンと表示されます。

自分が部屋を探していたときは1DK(2部屋)2DK(3部屋)の間取りが
多かった印象です。

1DKは1~2人世帯、2DKは2~3人世帯におすすめの間取りです。
詳しくはDKとはをご覧ください。

LDKとは

LDK=Living Dining Kitchen(リビングダイニングキッチン)の略です。
リビングとは居間を意味します。

そのため、リビングダイニングキッチンとは1つの部屋に
居間と食事とキッチンの機能を持たせることができるほどの広さを表しています。

一般的には10畳以上の広さであればリビングダイニングキッチンと
表示されます。

K、DK、LDKの広さを比較するとLDKが最も広い間取りになります。
(狭い)K<DK<LDK(広い)

自分が部屋を探していたときは2LDK(3部屋)3LDK(4部屋)の間取りが
多かった印象です。

2LDKは2人~4人世帯、3LDKは3人~5人世帯におすすめの間取りです。

詳しくはLDKとはをご覧下さい。

Rとは

R=roomの略です。
1R=ワンルームのことです。

間取りは1部屋で、その1部屋の中にキッチンもあります。
扉で仕切られていないタイプの部屋です。

Rの間取りは少し特殊で前につく数字=全部屋数になります。
そして2R、3Rのような間取りはありません。


・1Rの場合、1つの部屋のため全1部屋

KDKLDKの場合、前につく数字の部屋数+キッチン等のため
少なくても2部屋以上の間取りになります。


・1Kの場合、1つの部屋+キッチンのため全2部屋
・2DKの場合、2つの部屋+ダイニングキッチンのため全3部屋
・3LDKの場合、3つの部屋+リビングダイニングキッチンのため全4部屋

おすすめの世帯

1Rは1K同様、新生活を始める学生など、単身者向けの間取りです。

Rを選ぶときの注意点

Rの部屋を選ぶときの注意点は3つあります。

部屋が広いと錯覚する

1部屋だけなので、1kと比べると間取り図の専有面積が
広いんですが、その中にはキッチンも含まれるため
実際はあまり広くないです。

そのため、間取り図だけで決めずに、必ず部屋を見ましょう。
まあ、これはどの部屋についても言えることですが…。

エアコンが効きにくい

これがけっこう見落としがちですが、非常に重要です。

玄関と部屋までに仕切りがないのでエアコンをつけても
効きが悪くて冬は寒く、夏は暑いです。

宅急便等が来て部屋を開けたら、それこそ一瞬で
外気に晒されて、せっかく温めた(冷ました)部屋が
元通りです。

外の音が響いてうるさい

エアコンの効きが悪いのと同じ理由になりますが、
玄関と部屋までに仕切りがないので外の音が響いてうるさいです。

マンションには色んな生活スタイルの人がいます。
朝早く又は夜遅くに階段を登り降りするカンカンと言う
足音が聞こえてきて起こされることがあります。

個人的な感想

エアコンの利きも外の音も玄関と部屋までに廊下があって
仕切られていれば良いですが、そうでない場合は
地味に電気代も掛かりますし、ストレスも溜まります。

実際私も大学生の時に1Rの部屋に住んでいましたが、
エアコンが効かないのと、外の音がうるさいのに悩まされました。

外の音は耳栓などでカバーできるんですが、エアコンの効きが悪いのは
本当に辛かったです。

1Rの部屋を探すときは上記3点を気をつけましょう!