入居にかかる諸費用

鍵交換費用

部屋を借りる際に、初期費用として下記の項目の費用を請求されます。
※ただし、不動産によっては退去時に請求される項目もあります。

敷金
礼金
・鍵交換費用
クリーニング費用
仲介手数料
火災保険料
賃貸保証料
前家賃

このページでは仲介手数料について説明します。

鍵交換費用の金額

地域、その鍵の防犯性の高さ、鍵の本数にもよりますが、
大体1万円~5万円くらいになると思います。

最近はピッキング対策防止シリンダーや合鍵が作成できない鍵など
防犯に対する意識が高まっているため、費用も高くなっているように感じます。

ちなみに自分が今借りている住宅は複製できない鍵を使用しているため、
鍵交換費用として4万円程かかりました。

鍵交換費用の性質

鍵交換は必ずしなければいけないものではありません。
以前住んでいた人が合鍵を作っている場合や紛失していた場合、
シリンダー部分を変更しなければ以前住んでいた人や鍵を拾った人が
簡単に、その部屋に侵入できてしまいます。

実際にそんな事をする人がいるかいないかは別として、そういうことが
できる状況にあること自体が何だか気持ち悪い…と言う人が多数だと思います。

それを解消するために鍵を交換します。

ただ…鍵を交換するからと言っても、毎回新しいものに変えるわけではありません。
最近はシリンダー部分も高価になっているため、いくつかストックを持っておき、
それをローテーションで回して鍵交換を行っている場合もあるので、注意が必要です。

鍵交換費用を安くするには

鍵交換費用を安くする方法は下記の2通りです。

貸主に負担してもらう

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(平成23年8月再改訂版)では
入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題であり、賃貸人の負担とすることが妥当と考えられる。
と記載があります。

ただ…あくまでガイドラインなので、強制力はありません。
また、このような事実を知っている人も少ないため、実際は借り主が
負担をしているのが現状です。

人気の高い物件の場合は突っぱねられる可能性が高いですが、国の指針として
貸主が負担すべきとあるので、ダメ元で交渉してみる価値はあります。

鍵交換を拒否する

既に鍵交換を行っている物件に対しては使えない方法ですが、
契約時、まだ鍵交換をしていない場合は鍵交換を拒否する方法があります。

鍵交換をしなければ、当然鍵交換費用も発生しないので、これだと
0円にすることができます。

しかし…やはり防犯上鍵交換をしないと心配!!
と思う方は鍵交換を不動産仲介業者を通さず自分たちで
業者に依頼すれば、若干ですが、費用を抑えることができます。

自分たちで鍵業者に依頼する場合は、トラブルの元になるので
必ず事前に鍵交換について不動産仲介業者又は大家さんに了解を得ましょう。

礼金

部屋を借りる際に、初期費用として下記の項目の費用を請求されます。
※ただし、不動産によっては退去時に請求される項目もあります。

敷金
・礼金
鍵交換費用
クリーニング費用
仲介手数料
火災保険料
賃貸保証料
前家賃

このページでは仲介手数料について説明します。

礼金の金額

礼金として支払う金額は、それぞれの不動産によって異なりますが、
一般的には敷金・礼金合わせて家賃の2~3ヶ月分を契約時に請求されます。

例:1ヶ月の家賃が8万円の場合は敷金・礼金が16万円~24万円程度請求されます。

礼金の性質

元々礼金とは、読んで字のごとく大家さんに対して
「部屋を貸してくれてありがとうございます。」とお礼の意を込めて
渡すものです。

また、その他にも親が大家に対して子の面倒を見てくださいという意味を
込めて渡したりもしていたそうです。

そのため、礼金は1円も返ってきません。
そこが、敷金との大きな違いです。

敷金は貸主が困らないようにするための担保金のため、退去
した時にお金が残っていれば、当然残額を返してもらえます。

しかし、礼金の場合は、担保として渡しているわけではなく
お礼として渡しているので、残念ながら返還されません。

貸主側からすると、いつか返さなければいけない敷金と一度もらったら
返さなくて良い礼金を比べると圧倒的に礼金として受け取ったほうが
良いに決まっています!!

こういう理由により、敷金・礼金○○万円と記載があっても詳細を
見ると大半は礼金なんてことがよくあります。

礼金が0円になる場合

下記のどちらかに該当すれば、礼金を安くするどころか0円になる場合もあります。

入居者が決まらない場合

入居者が決まらず、空室の状態が長く続いているような場合は
礼金が0円の場合があります。

空室状態が続くと、その間一切賃料が発生しないのはもちろんですが
家は使われていないと、換気等がされないため部屋の状態が悪くなってしまいます。

また、長期間借りられていないと、「何か悪い理由があって誰も借りないのでは?」
と邪推されてしまい、いよいよ借りてくれる人がいなくなってしまうため、
そうなる前に礼金を0円にして借主を呼込むことがあります。

公的機関から融資を受けて建てられた場合

公的融資の種類は3つ
・住宅金融公庫融資
・年金住宅融資
・財形住宅融資
これらの公的融資は融資条件として物件のオーナーが借主から
礼金や過大な敷金を受け取ることを禁止しています。

そのため、公的融資を受けて建てられた物件についても
礼金は0円で借りることができます。

敷金

部屋を借りる際に、初期費用として下記の項目の費用を請求されます。
※ただし、不動産によっては退去時に請求される項目もあります。

・敷金
礼金
鍵交換費用
クリーニング費用
仲介手数料
火災保険料
賃貸保証料
前家賃

このページでは仲介手数料について説明します。

敷金の金額

敷金として支払う金額は、それぞれの不動産によって異なりますが、
一般的には敷金・礼金合わせて家賃の2~3ヶ月分を契約時に請求されます。

例:1ヶ月の家賃が8万円の場合は敷金・礼金が16万円~24万円程度請求されます。

敷金の性質

何で入居するのに、こんなに大金が必要なんだ!?
と憤るのはわかります。私もいつも借りる立場なので。

でも貸主の立場で考えてみてください。
自分が持っている不動産(資産)を、知らない他人に貸すのって
怖くないですか?

家賃を滞納されるかもしれませんし、荷物等を置いたまま
夜逃げされるかもしれませんし、壁やフローリング等を壊されたり、汚されたり
するかもしれません。

敷金はそのような事態になった時に
貸主が困らないようにするための担保金です。

何もなければ原則敷金全額が返還されますし、多少原状回復費用(※1)等が
かかっていても敷金が残っていれば残額を返還してもらえます。
逆に敷金で賄え切れない場合は、後日差額分を請求されます。

例:入居時に敷金として12万円支払っている場合

家賃の滞納も原状回復費用も必要ない場合は12万円全額が返還されます。

家賃の滞納はなく、原状回復費用に8万円かかった場合、残額4万円が
返還されます。

家賃の滞納はなく、原状回復費用に15万円かかった場合、差額3万円が
後日請求されます。

気をつけていただきたいのが敷金の役割として家賃の滞納分の
支払いも含まれていますが、借主の方で勝手に
「今月家賃の支払が厳しいから敷金から払ってて」
なんて使い方はできません。

当たり前ですよね。
そのような使い方が出来るのであれば担保金の意味が全くないので。

もし家賃を1度でも滞納した場合は、契約書の内容によりますが、
家賃を滞納することで、すぐに退去させられる
こともあり得るので気をつけましょう。

※1 原状回復義務とは入居する前の状態に戻すことです。
エアコンなど、それがあることによって部屋の価値が一層増すような
改築・改造等であったとしても、入居前に存在しないものであれば
入居前の状態に戻す必要があります。
もちろん、それらの変更について大家さんの了承を得ているのであれば
入居前の状態に戻す必要はりません。