部屋探しのコツ


周辺にあると便利な施設

部屋探しをする時に、部屋を見に行くと思いますが、 その時にあわせて周辺にある施設も見に行きましょう。 周辺施設に下記施設があるのと、ないのとでは生活の便利さが 全然違います。 時間の関係で見に行けない場合でも不動産仲介業者の方に 聞いたり、グーグルマップ等で確認しましょう。 周辺にあると便利な商業施設等 スーパー スーパーは近くにないと困る施設です。 自炊する場合はもちろんですが、自炊しない場合で

続きを読む

入居前に1部屋1枚以上写真を撮りましょう

退去した後に傷が発見された場合は、入居期間中につけた 傷と見なされて、修繕費用を請求されることがあります。 しかし、実際は入居する前からあった傷で、責任が全くない場合も あります。しかし、入居前からあった傷だと証明できなければ 修繕費用を支払わなければいけません。 そのような事態を避けるために、入居する前に 必ず1部屋1枚以上写真を撮りましょう!! 写真をとるタイミングは? 不動産業者の方と、いく

続きを読む

部屋探しをする前に決めておくべき14の条件

部屋探しをしようと思っている方は、とりあえず不動産仲介業者に 行こうと思っているのではないでしょうか? でも待って下さい!! 不動産仲介業者に行く前にしっかりと色々と準備をしておかないと 行った先で自分も不動産仲介業者の担当者の方も困ってしまいます。 行く前に決めておくべき項目について、このページでまとめておきますので それらの項目について考えてから、不動産仲介業者に訪れましょう。 絶対に聞かれる

続きを読む

部屋の方角を確認しよう

一般的に部屋の方角とはベランダ、バルコニー、庭のある方角 のことを言います。 でも私がここで言う部屋の方角とは「窓のある方角」のことを言います。 窓のある方角によって、それぞれメリット・デメリットがあります。 それらを考慮して部屋選びをすることで、自分のライフスタイルにあった部屋を 探すことができます。 東向きの特徴 朝型の人におすすめの方角です。 メリット 太陽は東から昇るので午前中の日当たりが

続きを読む

ユニットバスとセパレートタイプどっちが良い?

ユニットバスとセパレートタイプって何?と思うかもしれません。 風呂とトイレが一緒か離れているのかの違いです。 風呂とトイレが一緒なのがユニットバスです。 ビジネスホテルによくあるタイプです。 風呂とトイレが離れているのがセパレートタイプです。 持ち家の場合、大抵はセパレートタイプだと思います。 ユニットバスのメリット セパレートタイプと比べて家賃が安い 場所によって異なるかもしれませんが、私が部屋

続きを読む

周辺にあると嫌な施設

部屋探しをする時に、部屋を見に行くと思いますが、 その時にあわせて周辺にある施設も見に行きましょう。 周辺にあると便利な施設は自分で見て探すことができますが、 周辺にあると嫌な施設は見てもわからない場合があります。 不動産仲介業者に聞いてみても良いですが、家を貸したい・売りたい 立場のため、なかなか教えてくれません。 そのため、地元に住んでいる人に聞き込みをする等して 情報収集をしましょう。 周辺

続きを読む

不動産仲介業者は2社以上利用しましょう。

部屋探しをする時に必ず不動産仲介業者を利用すると思いますが、 皆さんは何社利用していますか? 忙しい、面倒くさい等の理由により不動産仲介業者を1社しか 利用していない人。損していますよ!! 部屋探しをする時は必ず不動産仲介業者を2社以上利用しましょう。 不動産仲介業者を2社以上利用することで、そうでない場合と比べて 下記2つのメリットがあります。 同じ部屋でも家賃が違う これは意外と知られていない

続きを読む

1階と2階以上どっちが良い?

部屋を借りる時に何階に住むかは意外と重要です。 大きく分けて1階に住む場合と2階以上に住む場合とで、 それぞれメリット・デメリットがあります。 それぞれのメリット・デメリットを理解して、 自分にあった部屋探しをしましょう。 1階に住むメリット 下の階を気にしなくて良い 1階に住む最大のメリットは下の階を気にせずに生活できることです。 例えばお子さんがいる場合などは、よく部屋の中を走り回ったりします

続きを読む

テレビアンテナ端子を確認しよう

部屋探しをしている時に、同時に どこにソファを置こうかな? テーブルはここにしよう。 この部屋は◯◯の部屋にしよう。 などなど家具のレイアウトも考えながら 下見をすると思います。 レイアウトを考える時にテーブルやソファなど大きい家具の 位置を最初に考えてしまいがちですが、一番重要なのは テレビアンテナ端子の位置と数です。 テレビはテレビアンテナ端子の位置に縛られる テレビの位置はテレビアンテナ端子

続きを読む

1人暮らしでも部屋数は多い方が良い

私は前の仕事が引越しの多い仕事だっため、その関係で色々な 部屋に引越しをしました。 今まで1R、1DK、2DKの部屋に住んできたことがありますが、 これは言えます!! 1人暮らしでも部屋数は多い方が絶対に良いです!! 家賃は必ずしも部屋数だけで決まるわけでは ありませんが基本的に部屋数が増えれば増えるほど 家賃は高くなります。 そのため学生のうちは、お金もないので1Rや1Kなどの 部屋に住むのはし

続きを読む

フローリングと畳どっちが良い?

部屋探しをするときに床をフローリングにするか畳にするかで 見た目はもちろんですが、住み心地もガラリと変わります。 それぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良い!! とは断言できませんが、部屋探しの際に参考にしていただけたらと 思います。 フローリングのメリット 掃除が楽 フローリングは何をおいても、掃除が非常に楽です。 ちょっとした埃をとろうと思ったら、掃除機をかけなくても クイックルワ

続きを読む

部屋探しは2人以上でした方が有利

良い部屋を良い条件で借りたい!!と思うのであれば、 たとえ1人暮らしをする予定であっても2人以上で部屋探しをしましょう。 なぜなら2人以上で部屋探しをする方が良い部屋を良い条件で借りられる 可能性が高くなるからです!! 2人以上で部屋探しをするメリット 心理的に落ち着いて部屋を評価できる 部屋探しをするときは、まず不動産仲介業者の事務所(敵地)に 訪れる必要があります。 途中下見のために外出したり

続きを読む

洗濯機の置き場所とサイズに気をつけよう

部屋探しをする上で意外と見落としがちなのが 洗濯機の置き場所とサイズです。 洗濯機は給水栓と排水溝のある場所にしか置けないため、 置き場所が限定されます。 テレビアンテナ端子同様に自由にレイアウトできない ものの1つです。 室内か室外か 洗濯機を室外に置くの!?と驚かれる方もいると思います。 私も最初見たときは驚きました。 最近は室内に洗濯機の置き場所がある物件が一般的ですが、 現在も、まだ室外に

続きを読む

下見(内見)は時間帯と曜日を変えて数回訪問しよう

部屋探しをするうえで下見(内見)は非常に重要です。 どういう部屋か、どういう施設が周辺にあるのかは間取り図、周辺地図、写真 を見れば、ある程度わかりますが、町の雰囲気等、わからないところが 必ずあります!! 私自身1週間前くらいに突然県外への異動を出されて、1回も 下見(内見)できずに、住んでみて後悔したことが多々あります。汗 そのため必ず下見(内見)をしましょう。 そして下見(内見)をするときは

続きを読む

LANコンセントを確認しよう。

LANコンセントを確認しよう。
部屋探しをしている時に、同時に どこにソファを置こうかな? テーブルはここにしよう。 この部屋は◯◯の部屋にしよう。 などなど家具のレイアウトも考えながら 下見をすると思います。 そのときに ・LANコンセントの有無 ・LANコンセントの位置 も一緒に確認しましょう。 LANコンセントはインターネットを利用するのに必要 LANコンセントとはLAN端子差し込み口のことです。 固定回線でインターネット

続きを読む

原状回復をめぐるトラブルを未然に防ぐために必要な知識

原状回復をめぐるトラブルを未然に防ぐために必要な知識
  不動産の賃貸借契約が終了すると、次の人が借りられるように、 借りた当時の状態に戻します。 これを原状回復と言います。 「原状回復」と聞くと、マイナス部分の修繕をイメージしがちですが、 プラス部分の撤去も含まれます。 (さらに…)

続きを読む

キッチンスペースを確認しよう

キッチンスペースを確認しよう
お部屋探しをしていると、大抵どの部屋にも 必ずキッチンは付いているため、 意外と軽視しがちです。 確かに料理を作る気が一切なく、また料理を 作ってもらう予定もないのであれば、 気にしなくて大丈夫です。 しかし、少しでも料理を作る予定があるのであれば、 部屋探しのときに、キッチンスペースを、 よく見ておく必要があります。 (さらに…)

続きを読む