優遇制度

借り換えたら住宅ローン控除はうけられない?住宅ローン控除を継続する方法

住宅ローンの返済は長期に渡るため、
少しでも金利は安い方が良いですよね。

そのため、住宅ローンの金利が変動したりすると、
住宅ローン借り換えシミュレーションをすると思います。

シミュレーションの結果、借り換えた方が
住宅ローン総返済額が少なくなるのであれば、
すぐに借り換えを検討すると思います。

しかし、借り換えをした場合、
住宅ローン控除は、そのまま継続して受けられるのでしょうか?
気になると思います。

そこで、このページでは
・借り換えても住宅ローン控除を受けることができるのか?
・借り換える場合の注意点

などについて、詳しく説明します。

続きを読む

店舗・事務所などの併用住宅を購入した場合の住宅ローン控除の取り扱い

住宅の一部を店舗や事務所などにしている
住宅のことを併用住宅と言います。

最近では自営業の人に限らず、
自宅で仕事をしたり、趣味が高じて
家の中でショップを開く人も増えてきたので
併用住宅を検討する人も多いのではないでしょうか?

では、併用住宅を購入した場合、住宅ローン控除の対象になるのか?
また、住宅ローン控除の対象となる場合、どのような取り扱いになるのか?
気になると思います。

このページでは、併用住宅を購入した場合の
住宅ローン控除の取り扱いについて詳しく説明します。

続きを読む

夫婦共有の場合、住宅ローン控除は夫婦ともに受けられる?

ひと昔前までは、
夫が外で働き、妻が家を守るという家庭が多かったですが、
最近は、共働きの夫婦が増えてきました。

それに伴い、マイホームを購入する場合も
単独所有ではなく、夫婦で共有するケースが増えてきました。

では、例えば夫婦共有で住宅を購入した場合

夫婦2人とも住宅ローン控除を受けることができるのか?
それとも、夫婦どちらか一方しか住宅ローン控除を
受けることができないのか?

気になるところだと思います。

そこで、このページでは、
夫婦共有でマイホームを購入した場合の住宅ローン控除について、
また、その他夫婦で共有する場合の注意点について詳しく説明します。

続きを読む

長期優良住宅と低炭素住宅の共通点・違いは?どっちがオススメ?

マイホームを検討していると
「長期優良住宅」「低炭素住宅」
と言うキーワードを聞いたことがあるのではないでしょうか?

「長期優良住宅」「低炭素住宅」とは、どちらも
認定住宅と呼ばれる優れた住宅を意味しています。

実際にマイホームを建てる段階まで話が進むと、
ハウスメーカー・工務店から
「認定住宅にしますか?しませんか?」
「認定住宅のうち長期優良住宅と低炭素住宅のどちらにしますか?」

と選択を迫られます。

どちらの認定住宅にしたいか聞かれても、
この2つは一体何が違うんだろう?
どっちの方が良いんだろう?
と疑問に思い、迷うと思います。

そこで、このページでは、
長期優良住宅と低炭素住宅の共通点・違いは何か?
どちらがオススメ?その根拠は?

について、詳しくご紹介します。

続きを読む

低炭素住宅とは 認定住宅の条件・メリット・デメリット

2030年のCO2削減目標達成のために、
ZEH(ゼロ・エネル ギー・ハウス)基準が
設けられるなど、住宅の低炭素化が進んでいます。

特に最近、マイホームの購入を検討している人は、
「低炭素住宅」と言う言葉をハウスメーカー・工務店などで
よく耳にすると思います。

ただ、「低炭素化」「低炭素住宅」等といきなり言われても、
一体なんなの?と疑問に思うと思います。

そこで、このページでは、低炭素住宅とはなんなのか?
そして、認定低炭素住宅にすることのメリット・デメリットは何か?
について詳しくご紹介します。

続きを読む

長期優良住宅とは 認定住宅の条件・メリット・デメリット

マイホームを検討していると
「長期優良住宅」と言うキーワードを
聞いたことがあるのではないでしょうか?

ハウスメーカー・工務店などで話を聞くと、
長期優良住宅を推すメーカーもあれば、
あまりオススメしてこないメーカーもあるため、
結局のところ良いの?悪いの?どっち?と悩むと思います。

そこで、このページでは、そもそも長期優良住宅とはなんなのか?
そして、認定長期優良住宅にすることのメリット・デメリットは何か?
について詳しくご紹介します。

続きを読む

住宅購入の優遇制度「すまい給付金」で最大50万円が支給される

消費税が5%から8%、10%に増税したことによって
増えた住宅取得にかかる負担を軽減するため、
一定の年収要件等を満たす住宅取得者に対して
最大50万円を支給する「すまい給付金」が実施されています。

住宅ローン控除と比べると、それほどメジャーな
優遇制度ではないため、ハウスメーカーや工務店は、
あまり紹介してくれませんが、ひょっとすると、あなたも
すまい給付金に該当するかもしれません。

このページでは、すまい給付金の
条件・申請方法・計算方法について
詳しくご紹介します。

続きを読む

住宅ローン控除の条件・計算方法 最大500万円返ってくる

平成33年12月31日までに住宅ローンを使って
住宅の新築、取得、増改築等をして、
住み始めた場合、住み始めてから
10年間住宅ローン控除を利用することができます。

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、
つまり、マイホームを購入した場合、
住宅ローン控除で最大500万円返ってくる可能性があります!!

このページでは、住宅ローン控除の制度について
わかりやすくご紹介します。

続きを読む