持ち家

下見(内見)は時間帯と曜日を変えて数回訪問しよう

部屋探しをするうえで下見(内見)は非常に重要です。
どういう部屋か、どういう施設が周辺にあるのかは間取り図、周辺地図、写真
を見れば、ある程度わかりますが、町の雰囲気等、わからないところが
必ずあります!!

私自身1週間前くらいに突然県外への異動を出されて、1回も
下見(内見)できずに、住んでみて後悔したことが多々あります。汗

そのため必ず下見(内見)をしましょう。

そして下見(内見)をするときは時間帯と曜日を
変えて訪問することをオススメします!!

なぜ時間帯と曜日を変えるのか

同じ物件の同じ部屋でも訪問する時間帯と曜日が変わると
全く別の部屋に変わります。

「大げさだなぁ。」と思うかもしれませんが本当です!

例えば・・・

平日の昼間は近隣住民が仕事、学校に行っていて静かだったが
帰ってきたら意外と生活音が響いて気になる。

部屋の前の道路を走るトラックの音や振動が
夕方から朝にかけて周辺が静かになると目立って気になる。

繁華街に勤めている人が住んでいる又は帰るときに必ず
立ち寄る地域のため、早朝の話し声や歩く音が気になる。

などなど物件周辺の環境は時間帯や曜日で様変わりします。

そのため深夜帯など下見(内見)するのが難しい時間帯も
ありますが、部屋探しで後悔しないために、できる限り時間帯と
曜日を変えて訪問しましょう。

できれば朝、昼、夕の3回は訪問したいところです。

1回しか下見(内見)できない場合はどうすれば良い?

それでも忙しくて1回しか下見(内見)できない場合もあると思います。

そのような場合は、自分が必ず部屋にいてリラックスした時間帯と
曜日に下見(内見)に行きましょう。

例えば
・休日に家で過ごすことが多い人は休日に下見(内見)
・夜勤の仕事の人は就寝時間の朝から昼にかけての時間帯に下見(内見)
などです。

仕事中や外出しているときに、いくら周りが騒がしくても関係ありません。
自分が部屋にいる時にいかにストレスなく過ごせるかが最も重要です。

まとめ

せっかくの休日に訪問するのは、確かに面倒ですが、その後の
生活に直接関わってくるところなので、面倒くさがらずにできるだけ
時間帯と曜日を変えて下見(内見)しましょう!

フローリングと畳どっちが良い?

部屋探しをするときに床をフローリングにするか畳にするかで
見た目はもちろんですが、住み心地もガラリと変わります。

それぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが良い!!
とは断言できませんが、部屋探しの際に参考にしていただけたらと
思います。

フローリングのメリット

掃除が楽

フローリングは何をおいても、掃除が非常に楽です。

ちょっとした埃をとろうと思ったら、掃除機をかけなくても
クイックルワイパーなんかでササッと掃除ができます。

またちょっと飲み物を零した場合でも雑巾などで、すぐに拭けば
キレイになります。

衛生面で言えばフローリングの方がキレイに保ちやすいです。

重たい家具を置ける

フローリングだとベッド、本棚、テーブルなどの重たい家具を置いても
大丈夫です。

ただ・・・ぎっしり本の詰まった本棚やピアノなどの重過ぎる家具は
補強していないと床が抜ける可能性もあるので、注意です。

ダニが発生しにくい

ダニのえさはフケ、髪の毛、お菓子の食べカスなどです。
フローリングは上記のとおり、掃除がしやすく、ダニのえさになる
ものが溜まらないので、ダニが発生しにくいです。

もちろん掃除をしなければダニは発生するので、フローリングだからと言って
油断大敵です。

フローリングのデメリット

傷が付きやすい

ちょっと家具を横にずらしたり、椅子を引いたりしたら
すぐに傷がついてしまいます。

他にも気が付いたら、傷が付いてる・・・なんてことも
よくあります、。

水に弱い

フローリングの木材にもよりますが、基本的に水分に弱いです。

お茶やジュースをこぼしたまま放置したり、水拭きした後、乾拭きを
徹底できていない場合、水分が浸透してフローリングが変色したり、
膨張して床が凸凹したり、剥がれたりするので、注意が必要です。

冬寒い

冬は床がめちゃくちゃ冷えます。

移動するときにスリッパや靴下が必須なのはもちろんですが、
床に直で座っていると、どんどん体温を奪われてしまうので、
座布団かソファがないと寒さで震えて全然くつろげません。

ただし断熱材がある場合は、そんな心配は必要ありません。

畳のメリット

寝転べる

畳のメリットで一番実感できるのはコレじゃないでしょうか?
フローリングでもソファを購入することで、寝転ぶことが
できますが、場所を問わず、広々と寝転ぶことはできないので、
その点は畳が優れています。

防音効果がある

意外と知られていない機能だと思うんですが、畳には実は防音効果があります。
畳の中には空気が多く含まれており、その空気の層が音を吸収してくれます。

マンションだとご近所や上下階の音問題が気になりますが、畳だと多少緩和されます。

湿度調整機能がある

畳は大気中の水分を吸収したり、放出する効果があります。

そのため、夏場など湿度が多いときは水分を吸収し、逆に冬場など乾燥するときは
水分を放出してくれます。

最近の住宅は気密性が高く、多湿・過乾燥になりがちですが、畳はそれを
防いでくれます。

畳のデメリット

汚れやすく、掃除しにくい

ジュースなどをこぼした時は、すぐに中まで染み込んでしまうので
シミができやすく、汚れやすいです。

また、フローリングのようにクイックルワイパーでササッと掃除
するなんてことができません。

掃除機をかけても、畳の目にゴミが挟まっていたりすることもあるため、
なかなかキレイに保つことが難しいです。

ダニが発生しやすい

畳はダニのえさであるフケ、髪の毛、お菓子の食べカスなどが
たまりやすく、適度な湿度と温度が保たれているためダニが繁殖しやすいです。

ダニを駆除することは可能ですが、かなりの時間と労力が必要になります。

重たい家具を置けない

畳はやわかいため、上に重たい家具を置いたり、長い間家具を置き続けると
凹んだり、跡がついてしまいます。

まとめ

上記のとおりフローリングにも畳にも、それぞれメリット・デメリットがあります。
自分自身のライフスタイルにあった床材を選びましょう。