家賃の目安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に家を借りて生活をしている場合は毎月の生活費にいくらくらい
必要になるかハッキリしていますが、これから初めて家を借りて
生活する場合、いくらくらいの家賃の家を探せば良いのか困ると
思います。

一概に家賃はいくらにするべき!!と言えませんが
目安として収入の4分の1くらいの家賃の家を探すと
丁度良いと思います。


・月収16万円の場合:家賃4万円、残りの生活費12万円
・月収20万円の場合:家賃5万円、残りの生活費15万円
・月収24万円の場合:家賃6万円、残りの生活費18万円

※家賃とは別に駐車場代、管理費、共益費等かかりますが、それらも
含めた家賃の目安です。
※月収については額面金額ではなく手取りのことです。

ネット等で検索してみると収入の3分の1くらいと言われていたりしますが、
収入の3分の1も家賃に使うと生活がかなり苦しくなります。


・月収16万円の場合:家賃約5万3,000円、残りの生活費10万7,000円
・月収20万円の場合:家賃約6万7,000円、残りの生活費13万3,000円
・月収24万円の場合:家賃8万円、残りの生活費16万円

この通り月々使える生活費が収入の3分の1と4分の1では
1万円~2万円まで差がでます。

なぜ家賃の目安が必要?

家を探しているときは、1万円の価値が安く感じてしまいがちです。
しかし、実際に生活してみると、当初安く感じていた+1万円以上がボディブローのように
じわじわと生活を圧迫してきます。

月+1万円と言うことは年間+12万円なので
そりゃ生活を圧迫するわけです。

家賃は固定費のため、食費等と異なり、節約しようと思っても
一度契約してしまったら転居するしか、家賃を減らす方法はありません。

自分の望む条件を全て兼ね備えた家を見つけたとしても、価格交渉した結果、
目安の家賃まで下げられれば、そこで契約しても良いですが、家賃の目安+1万円以上
になった場合は、残念ですが、諦めて別の家を探しましょう。

生活が苦しくなってから、新しいところに引越しをしようにも
現在住んでいる家には解約金、新しく住むところには敷金・礼金等を
支払わなければいけなくなります。

収入の4分の1と言うのは、あくまで目安ですが、生活に余裕が持てるくらいの
家賃を上限にして、その範囲内で家を探しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。