税金・補助金・優遇制度一覧

不動産取得税を減額する方法 特定住宅を建てれば、さらに減額される

土地や建物を取得すると、都道府県から税金が課せられます。

この不動産の「取得」に対して課せられる税金の事を
不動産取得税と言います。

当然マイホームを購入すると
土地・建物を取得することになるため、
土地・建物それぞれに不動産取得税が課せられます。

ちなみに「取得」とは売買・新築だけでなく
増築、交換、贈与、寄付、土地造成
などによる取得も含まれます。

しかし、住宅用に土地・建物を購入した場合は
不動産取得税が減額される特例があります。

続きを読む

父母や祖父母からお金をもらってもマイホーム購入費用に使うと贈与税が減額される

個人から資金の贈与を受けた場合、その資金に対して、
贈与税がかかります。

しかし、平成33年12月31日までに、
父母や祖父母などの直系尊属から、もらった
資金をマイホームの新築・取得・改築などのための
資金(住宅取得資金)として使った場合は、
贈与税が最大3,000万円まで課税されません。

この特例のことを
住宅取得資金贈与の非課税特例
と言います。

このページでは、住宅取得資金贈与の非課税特例の
非課税限度額や条件について、詳しくご紹介します。

続きを読む

マイホーム購入後に転勤になった場合の住宅ローン控除の取扱い

せっかく夢のマイホームを購入しても、
会社勤めをしていると、ある日突然
転居を伴う転勤になることがあります。

そこで1つ問題が…

住宅ローン控除の条件の1つに

・マイホームを取得した日から6ヶ月以内に居住を開始し、
引き続き控除適用年の12月31日まで居住していること

というものがあります。

転勤になることは、しょうがないとしても、
住宅ローン控除はどうなるの!?

住宅ローン控除を受けられるから、少し背伸びして
マイホームを購入したのに、どうすれば良いんだ!?

と不安になる方もいるのではないでしょうか。

そこで、このページでは、急遽転勤を命じられた時に
住宅ローン控除がどうなるのか?について詳しく
ご紹介します。

続きを読む

住宅購入の優遇制度「すまい給付金」で最大50万円が支給される

消費税が5%から8%、10%に増税したことによって
増えた住宅取得にかかる負担を軽減するため、
一定の年収要件等を満たす住宅取得者に対して
最大50万円を支給する「すまい給付金」が実施されています。

住宅ローン控除と比べると、それほどメジャーな
優遇制度ではないため、ハウスメーカーや工務店は、
あまり紹介してくれませんが、ひょっとすると、あなたも
すまい給付金に該当するかもしれません。

このページでは、すまい給付金の
条件・申請方法・計算方法について
詳しくご紹介します。

続きを読む

住宅ローン控除の条件・計算方法 最大500万円返ってくる

平成33年12月31日までに住宅ローンを使って
住宅の新築、取得、増改築等をして、
住み始めた場合、住み始めてから
10年間住宅ローン控除を利用することができます。

こう書くと難しく感じるかもしれませんが、
つまり、マイホームを購入した場合、
住宅ローン控除で最大500万円返ってくる可能性があります!!

このページでは、住宅ローン控除の制度について
わかりやすくご紹介します。

続きを読む