メーターモジュール・尺モジュールどっちがオススメ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイホームを建てようと、
情報を集めていると

・メーターモジュール
・尺モジュール

と言う言葉を聞いたことがあると思います。

この「モジュール」とは設計の基準となる規格寸法のことです。

全てのメーカー・工務店はどちらかの規格寸法を使って
家造りをしています。

どちらにも、メリット・デメリットがあるため、
結局のところどっちが良いの?と悩まれている方が
多いのではないでしょうか。

このページでは、
・メーターモジュール
・尺モジュール

どちらの方がオススメか、ご紹介します。

なお、それぞれの特徴やメリットについては、
下記ページにまとめておりますので、そちらをご参照ください。

メーターモジュール・尺モジュール何が違う?


まず、メーターモジュールと尺モジュールでは、
何が違うのか?

家の設計をするとき、↑図のようにグリッドを組み合わせて
間取りを作っていくんですが、このグリッドの大きさが
メーターモジュールと尺モジュールで違います。

メーターモジュールの場合

1グリッド=1,000mm×1,000mm
有効巾・有効幅=約870mm

※有効巾・有効幅とは、実際に人が通ったり、物が置ける幅のことです。

尺モジュールの場合

1グリッド=910mm×910mm
有効巾・有効幅=約780mm

 

メーターモジュールと尺モジュールで
グリッドの大きさを比べると縦横90mm差が出てきます。

たった90mm(=9cm)しか変わらないの?
と思うかもしれませんが、たかが90mm、されど90mmです。

この差が間取りの広さ・自由度に大きな影響を及ぼします。

予算・敷地があるならメーターモジュールがオススメ


・収納に強い家にしたい
・広々とした間取り・空間の家にしたい
・家族みんなが使いやすい家(ユニバーサルデザイン)にしたい

と言った希望があるなら、メーターモジュールがオススメです。

最近の家具やタオル等の日用品のほとんどは、
メートル規格で作られているため、
メーターモジュールの方が収納に適しています。

また、廊下・トイレ等、1モジュールしか広さのない
スペースでも十分な広さを確保できるため、
広々とした使い勝手の良い快適な家が造れます。

ただし、メーターモジュールで家を建てる場合、
自然と大きい家になるため、それだけ大きな敷地を
用意する必要があります。

予算・敷地面積が十分にあるのであれば、
暮らしやすい住宅ができるので
メーターモジュールはオススメです。

間取り・アフターサービスにこだわるなら尺モジュールがオススメ


・間取りにこだわりたい
・アフターサービスを充実させたい
・和室を作りたい

と言った希望があるなら、尺モジュールがオススメです。

尺モジュールの方が1モジュールが小さく、
小回りが利くため、設計の自由度が高いです。

また、下表のとおり、ほとんどの大手メーカーは
尺モジュールを採用しているため、
アフターサービスが、しっかりしているところが多いです。

会社名 メーターモジュール 尺モジュール
住友林業
積水ハウス
セキスイハイム
大和ハウス
トヨタホーム
パナソニックホームズ
ヘーベルハウス
ミサワホーム
三井ホーム

畳・襖・障子は尺モジュールにあわせて作られているため、
和室を作りたいのであれば、尺モジュールで家を造った方が
良いです。

モジュールの使い分けは不可能


メーターモジュール・尺モジュールそれぞれの特徴を活かして

「トイレ・廊下・収納スペースは広くしたいからメーターモジュールにして、
和室や間取りにこだわる部分は尺モジュールにして・・・」

と言う風にモジュールを使い分けたら良いじゃないか!
と思うかもしれません。

確かに、それができれば一番良いんですが、残念ながら
それはできません。

なぜなら、メーターモジュールと尺モジュールが混在していると・・・
・設計が煩雑になる
・現場が混乱してミスが増える
・コストが掛かる(=家の価格が上がる)

等、不都合が生じるからです。

特に設計・建築にミスが起こると、人命に関わりますし、
ハウスメーカー・工務店は致命的なダメージを被ります。

そのため、モジュールの使い分けは不可能です。

まとめ


メーターモジュール・尺モジュールどっちがオススメか?

上記のとおり、どちらも一長一短があるため、
一概に○○モジュールがオススメ!とは言えません。

何を優先して建てたいのか?によって
オススメは変わります。

将来、高齢者になったときのこと、
車椅子生活を送るようになったときのこと、
その他、快適な住環境を求めるならユニバーサルデザインの
メーターモジュールの家がオススメです。

設計の自由度や充実したアフターサービスを求めるなら、
尺モジュールの家がオススメです。

メーターモジュール・尺モジュールに限りませんが、
何を優先したいのか家族でよく話し合って
どこで家を建てるのか決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*