関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電が使えない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電が使えない!」
聞いたことはないでしょうか?

そんな噂を耳にすると、
関東から関西へ
関西から関東へ
引っ越しをする予定の人は不安になると思います。

このページでは
関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電が使えないと言う
ウワサは、本当かご説明します。

関東と関西で周波数が違う


関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電が使えないと
言われていた理由は、関東と関西で周波数が違うからです。

厳密に言うと静岡県の富士川から新潟県の糸魚川あたりを境にして、
東側が50Hz、西側が60Hzの交流が使用されています。

周波数が違うと、本来の能力が発揮できなかったり、
逆に過剰に動作してしまい、最悪発火等の危険性があるため、
一昔前までは、関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電を
買い換えなければいけませんでした。

ちなみに関東と関西で周波数が違う理由は、当時の
関東の電力会社はドイツ(50Hz)から、関西の電力会社はアメリカ(60Hz)から
発電機を輸入していたからです。

このように別々の周波数を採用している国から発電機を輸入してしまったため、
東西で周波数が異なるそうです。

国内の周波数を統一しようと検討されたこともありますが、
かなりのコストが掛かってしまうため、現在も
東側が50Hz、西側が60Hzの交流が使用されています

関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電を購入する必要あり?


結論から言いますと、最近は基本的に関東から関西、関西から関東に
引っ越しても買い換える必要はありません。

テレビ、パソコン、携帯の充電器などの情報家電は、もともと
どちらの周波数でも使えます。

冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、蛍光灯器具などは今でも関東・関西どちらかしか
対応できないものもありますが、2000年代以降はインバータ式の製品が増え、
どちらでも使えるようになりました。

余程古い家電や安い蛍光灯等以外は、最近はどちらでも使えるように
なっているので、基本的には、気にする必要はありません。

ちなみに自分の持っている家電はどうだろう?と気になる方は、
家電の説明書や裏側を見てみましょう。

「50/60Hz」、「インバータ」等と記載のあるものは、どちらでも使えます。
「50Hz専用」、「60Hz専用」等と記載のあるものは、どちらかでしか使えません。

まとめ


新生活を始める人たちの親世代は今でも
関東から関西、関西から関東に引っ越すと家電が使えないと
思っている人は多いと思います。

しかし、上記のとおり、家電は進化して、どちらの周波数にも
対応できるようになっていますので、これから家電を購入する方は
心配いりません。

あわせて読みたい記事

引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?月によって料金が全然違う!
引っ越し見積りの上手な取り方、手順、失敗しないための注意点
引っ越し料金は値切ることができる!知らないと損する交渉術
引っ越し時に出た不用品を、お得に・楽に処分する方法
引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?
引っ越しの手続き 住民票を移さないと何が困る?手続きに必要なものは?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*