引っ越し料金は値切ることができる!知らないと損する交渉術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し業者と価格交渉をすることで、
引っ越し費用をグッと抑えることができます。

でも・・・

・値引きって何だか気が引ける・・・。
・値引き交渉ってどうすれば良いかわからない。

と思う方もいるのではないでしょうか?

安心してください!!

実は、私も同じ悩みを抱えていたんですが、
下記の方法を実践することで、誰でも簡単に値引き交渉を
することができます。

値引き交渉で負けるのも引っ越し業者のサービスのうち

意外と知られていないことですが、
引っ越し業者が最初に提示してくる見積もり金額は、
値引き交渉を前提とした高い金額が提示されます。

なぜそのような事をするのかと言いますと、理由は2つあります。

1つ目の理由は、当たり前ですが、
もしも価格交渉をされなかった場合、
値引き交渉用に上乗せしている金額が丸々儲けになるからです。

日本人は、価格交渉をする文化がないため、
引っ越し業者にとってみれば、とりあえず高い金額を
提示する旨みは十二分にあります。

2つ目の理由は、価格交渉の結果、お客様に納得感・満足感を
得てもらうためです。

実を言うと、引っ越し料金に「定価」と言う概念はありません。

引っ越し料金は、荷物の量、移動距離、生活環境、住宅状況、引っ越し時期などに
よって金額が変わるため、「正当な金額」と言うものも存在しません。

そこで、価格交渉の余地を残すことで、
「値引き交渉の結果、○万円も安くなって得した!!」と言う
満足感をお客様に得てもらい、引っ越し料金に納得してもらいます。

つまり、引っ越し業者が値引き交渉の結果、価格を負けることも
お客様満足度を上げるサービスの1つなんです!!

そのため、引っ越し業者に一切気を遣う必要はありません。
引っ越し業者も、交渉するつもりで見積もりに
来るので、価格交渉をきちんと行いましょう。

競合他社との価格比較が重要

引っ越し料金に「定価」はありませんが、「相場」はあります。

相場は引っ越し業者にしかわからないため、競合他社と
価格競争をしてもらうことが、値引き交渉をするうえで、
最も手っ取り早い方法です。

まずは一括見積もりをとる

価格競争をしてもうらうために、まずは、
複数社から見積もりをとりましょう

でも、1社1社電話して見積もりを取るのは
面倒ですし、何よりどんな会社があるかわからないですよね。

そういう時は、ネットの一括見積もりがオススメです。
>>一括見積もりがオススメの理由

一括見積りができるサイトはいくつかありますが、
私のオススメは引越し達人セレクトです。

最短1分の手続きで大手・中堅引っ越し業者20社の見積りを
無料でとることができます。

また、一括見積りを通して見積もりを取ると、引っ越し業者も
他社と比較されていることがわかるため、普通に見積もりを
取るよりも最初から安い金額が提示されます。

値引き交渉や人と話をするのが苦手な方でも、
ネットでの一括見積もりに変えるだけで最大55%も
安くなります。

一括見積もり額を参考に値引き交渉を行う

一括見積りで見積書が取れたら、今度は3社程度
訪問見積りを依頼しましょう。

そして、そのときに他社の見積り金額を見せて、
それを根拠に価格交渉を行います。

大抵の引っ越し業者は他社にとられるくらいなら多少
利益が少なくても価格を下げて引っ越し依頼を受けた方が
良い
ため、引っ越し料金を負けてくれます。

早い時期の交渉が有利

割引の名目として「早割」を使われることはありますが、
実際のところ引っ越し料金には、旅行等のように
早割りと言うサービスは存在しません。

それでも早い時期の交渉が有利です。

なぜなら見積りを出してもらう日にちが
引っ越し日に近ければ近いほど、引っ越し業者の
スケジュールが埋まってくるからです。

スケジュールが埋まってくると、引っ越し業者としては、
無理をしてまで安い料金で引き受ける必要がなくなるため、
価格交渉が難しくなります。

また、引っ越し料金は時期によって金額が変わります。
>>引っ越しが一番安くなる時期はいつ?

早め早めに交渉していれば、引っ越し業者も
この日、この時間帯なら安くできると提案してくれるため、
早い時期の交渉がオススメです。

ただし、見積りの有効期限は3ヶ月間なので、
気をつけましょう。

大体1ヶ月~2週間前くらいまでに見積りを取れば
大丈夫です。

最後の一押しを忘れずに

意外と有効なのが、最後の一押しです。

ある程度交渉した後、引っ越し業者を決めたなら最後に
「A社と御社で迷っているんですが、
あと5,000円値引きしてくれたら今すぐ御社と契約します!」

と伝えましょう。

このとき「今すぐ契約する」即決する意思表示を
キチンとするのが大事
です。

金額的に、5,000円値引きしたとしても十分利益が出る場合、
大抵の業者は、値引きしてくれます。

たった一言で5,000円も下がる可能性があるため、
ダメもとで言ってみる価値は十分あります。

最後に

人見知りの方や、初めて値引き交渉をする方は、
上記全てを実践するのは難しいかもしれません。

それでも、ネットの一括見積りだけは、ぜひ試してみてください。
この日に引越したい…でもいくらになるの?
好きな日の料金をまとめて比較!
引越し侍の予約サービス




普通に訪問見積りを取るよりも手軽で、効果も出ます。
そして慣れてきたら、最後の一押し等にも
チャレンジしてみてください。

あわせて読みたい記事

・引っ越し時に出た不用品を、お得に・楽に処分する方法
・引っ越し見積りの上手な取り方、手順、失敗しないための注意点
・引っ越しの手続き 住民票を移さないと何が困る?手続きに必要なものは?
・引っ越しが一番安くなる時期はいつ?
・引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?月によって料金が全然違う!
・引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?
・時間帯(午前・午後・指定なし)で引っ越し料金は全然違う!
・引っ越し料金の安い時期は上旬・中旬・下旬いつ?
・引っ越し料金が最も安くなるのは何曜日?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*