引っ越しが一番安くなる時期はいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうせ引越しをするなら、できるだけ安く済ませたいですよね。

そこで、考えていただきたいのが、引っ越しの時期です。

繁忙期と閑散期とで、どれくらい違うのかと言いますと、
荷物量などの条件が全く一緒であっても、最大5割も違います。

例えば閑散期に10万円の場合、繁忙期だと15万円も支払わなければなりません。
この差は大きいですよね。

このように引っ越しの費用を抑えるには、時期が
非常に重要になってきます。

そこで、こちらの記事では、安く引っ越し出来る時期について
まとめさせていただきました。

オススメの時期

引っ越し料金が安くするために考慮すべき内容は
具体的には下記の5つです。

どれか1つでも当てはまれば引っ越し費用は、
確実に安くなります。

また複数組み合わせることで、
さらにグッ!!と抑えられます。

引っ越しが安くなるおすすめの時期
・月別:1月、2月、11月が安い
・週別:月初めから中旬までが狙い目
・曜日別:休日よりも平日がお得
・六曜別:仏滅、赤口が安い
・時間帯別:午後の引っ越しがお得

 

月別:1月、2月、11月が安い

年間で見ると、引っ越し料金が安い時期と高い時期があります。
そして、1年間で最も引越し料金が安い月は1月です。

1月よりは少し高いですが、2月、11月も十分安いです。

なぜ1月、2月、11月が安いのかと言いますと、
この時期は、人の動きが少なく、引っ越し依頼が
ほとんどないからです。

引っ越し業者からすると、人件費等の固定費を考えると、
社員を遊ばせておくよりも多少赤字になったとしても
引っ越し料金を安くして依頼を受けた方が良いですよね。

そのため、元々の提示額も低いですし、
価格交渉もしやすいです。

逆に引っ越し料金が最も高い時期は3月です。
この時期は就職、転勤、入学などの新生活のための引っ越しが
集中します。

黙っていても依頼がくるような繁忙期に、わざわざ価格を
下げてまで依頼を受けたりしませんよね?

むしろ通常料金よりも高い金額を提示されますし、
価格交渉にも応じてくれません。

週別:月初めから中旬までが狙い目

月の中でも週別によって、金額がガラリと変わります。

就職、転勤、入学などの新生活は1日からスタートします。
そのため、中旬から月末にかけて引っ越しの依頼が多くなります。

特に最終週は依頼が集中するため、引っ越し料金が
高くなってしまいます。

逆に初旬から中旬にかけては、引っ越しの依頼が少ないため、
狙い目で、引越し料金を安くすることができます。

曜日別:休日よりも平日がお得

曜日によっても金額がガラリと変わります。

平日は学校や仕事があるため、どうしても土曜日、日曜日、祝日の休日に
依頼が集中します。

結果、休日は引越し料金が高くなります。

また平日の中でも休日前の金曜日、休日明けの月曜日は、
有給休暇を使って引っ越しをする人が多く、
引っ越し料金が高くなりがちです。

そのため、平日でも火曜日、水曜日、木曜日の
引っ越しをするのがお得です。

特に水曜日は不動産業者が休みのところが多く、
鍵の引き渡し等、色々と手続きに不便なため、
敬遠されがちなので、曜日の中で最も価格が安く狙い目です。

六曜別:仏滅、赤口が安い

六曜とは、暦注の1つでカレンダーの隅に書かれている
・先勝
・友引
・先負
・仏滅
・大安
・赤口
のことです。

気にしない人は全く気にしないと思いますが、
引っ越しの日が縁起が良い日かどうかを気にする人は多いです。

そして、引っ越しに関して縁起の悪い日=人気のない日は
仏滅と赤口です。

仏滅は言わずもがな「最も縁起の悪い日」と言うイメージが定着しているため、
最も引っ越し件数が少なく、料金が割安になる日です。

赤口は「赤」の字が血、火災、刃物など、「死」を連想させるものが
多いことから、実は引っ越しに関して言うと、仏滅よりも縁起が悪い日と
言われています。

しかし、仏滅の方が縁起の悪い日として有名なので、仏滅の次に
引越し料金が安くなります。

時間帯別:午後の引っ越しがお得

引っ越し荷物が多い場合、その日のうちに引っ越し作業が終わらなかった場合、
2日分の料金を取られる=費用が倍増してしまいます。

また引っ越し荷物が少ない場合でも午後を指定すると、午前の引っ越しが終わってからしか
引っ越し業者が来ないため、トラックが到着する時間が推測しにくく、
道路事情などによっては大幅に遅れる可能性があります。

その日のうちに、そして出来るだけ早く引っ越し作業を終わらせたいため、
午前中に引っ越しの依頼が集中します。

逆に、午後の引っ越しは不人気のため、価格交渉もしやすく、
安い料金で引っ越しができます。

さらに引っ越し料金を安くする方法


上記のように引っ越しのタイミングを計ることで
料金を安くすることができますが、さらに引っ越し料金を
安くしたいのであれば、複数業者から見積りをとって価格を
比較することが重要です。

でも、そもそもどういう引越し業者があるかも
わからないですし、何より手間ですよね?

そんな時はネットでの一括見積もりがオススメです。
>>一括見積もりがオススメの理由

一括見積ができるサイトはいくつかありますが、
私のオススメは引越し侍の予約サービス
です。


全国235社の見積りを無料でとることができます。

ここで取った見積り業者2~3社と交渉することで、
さらに引越し料金を安くすることができます。

引っ越しするときは、ぜひ試してみてください。

あわせて読みたい記事

・引っ越し料金は値切ることができる!知らないと損する交渉術
・引っ越し時に出た不用品を、お得に・楽に処分する方法
・引っ越し見積りの上手な取り方、手順、失敗しないための注意点
・引っ越しの手続き 住民票を移さないと何が困る?手続きに必要なものは?
・引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?月によって料金が全然違う!
・引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?
・時間帯(午前・午後・指定なし)で引っ越し料金は全然違う!
・引っ越し料金の安い時期は上旬・中旬・下旬いつ?
・引っ越し料金が最も安くなるのは何曜日?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*