時間帯(午前・午後・指定なし)で引っ越し料金は全然違う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうせ引越しをするなら、できるだけ安く済ませたいですよね?
そこで、考えていただきたいのが、引っ越しの時間帯です。

同じ条件でも、どの時間帯に引っ越しをするのかによって、
引っ越し料金はガラリと変わります。

このページでは、安く引っ越し出来る時間帯について
まとめています。

引っ越しの時間帯設定は3種類

だいたいの引っ越し業者では、
「午前便」「午後便」の2つの時間帯を指定することができます。

そして、もう1つの選択肢として、どちらの時間帯でもOKな
「時間帯指定なし」3つの中から時間帯を設定することができます。

選べる時間帯設定
・午前便
・午後便
・時間帯指定なし

 

午前便は人気が高く、引っ越し料金が高い

午前便は非常に人気が高いため、引っ越し料金が高くなりがちです。
その最大の理由は時間管理が容易だからです!!

午前便の最大のメリットは、開始時間が設定できるところです。
例えば9時に依頼したら、予定どおり9時から搬出・搬入作業を開始することができます。

開始時間がわかると言うことは、何時くらいに引っ越し作業が終わるのかを
予測することも簡単にできます。

引っ越し作業自体は手間ですし、面倒ですが、タイムスケジュールどおりに
順調に進むためストレスを溜め込まずにすみます。

また、午前便の人気が高いもう一つの理由は、その日のうちに引っ越し作業が
完了することです。

どうせなら次の日に持ち込むことなく、1日で引っ越し作業を全て
終わらせたいですよね。

午前便であれば、朝早くから作業を開始するため、荷物が多い
場合でも、その日のうちに終わらせることができます。

上記の理由により、午前便は人気が高く、引っ越し料金が
高くなりがちです。

午後便は比較的安く引っ越しができる

名前は「午後便」ですが、実態は「午前便の次の便」です。

そのため、午後便は、午前便が終わってからの便になるので、
午前便と違い、開始時間を設定することができません。

一応開始時間の目安は教えてくれますが、午前便の搬出・搬入作業が
予想以上に難航したり、道路の込み具合によって時間は変動するため、
かなりのタイムロスが起きる可能性があります。

また、タイムロスが発生してしまった結果、夜遅くに搬入作業が終わった場合は、
ダンボールを開けたりと言った引っ越し作業を深夜または翌日にしなければならないため、
午前便と比べて人気が低く、その分安く引っ越しをすることができます。

引っ越し料金をとにかく安くしたいなら時間指定なし

時間指定なしの場合、引っ越し業者都合の時間に引っ越し作業を行います。

そのため、朝早くに来るかもしれませんし夜遅くになるかもしれません。
基本的にどんな時間でも引っ越し業者の手が空いたら来るという引っ越しです。

引っ越し業者の手が空いたら来るとは言っても、何の連絡もなしに
いきなり来るわけではないので、安心してください。

大体前日くらいまでに「○時ごろに行きます」
目安の時間は教えてくれます。

引っ越し日直前になるまで、どの時間帯に来るかわからない分、
引っ越し料金は最も安く、最大で3割~4割くらい値下げしてくれる場合もあります。

とにかく安くしたいなら時間指定なしがオススメです。

さらに引っ越し料金を安くするには複数見積りが重要

上記のように引っ越しのタイミングを計ることで
料金を安くすることができますが、さらに引っ越し料金を
安くしたいのであれば、複数業者から見積りをとって価格を
比較することが重要です。

でも、そもそもどういう引越し業者があるかも
わからないですし、何より手間ですよね?

そんな時はネットでの一括見積もりがオススメです。
>>一括見積もりがオススメの理由

一括見積ができるサイトはいくつかありますが、
私のオススメは引越し侍の予約サービスです。



ほんの数分の手続きで全国235社の見積りを無料でとることができます。

ここで取った見積り業者2~3社と交渉することで、
さらに引越し料金を安くすることができます。

引っ越しするときは、ぜひ試してみてください。

あわせて読みたい記事

・引っ越し料金は値切ることができる!知らないと損する交渉術
・引っ越し時に出た不用品を、お得に・楽に処分する方法
・引っ越し見積りの上手な取り方、手順、失敗しないための注意点
・引っ越しの手続き 住民票を移さないと何が困る?手続きに必要なものは?
・引っ越しが一番安くなる時期はいつ?
・引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?月によって料金が全然違う!
・引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?
・引っ越し料金の安い時期は上旬・中旬・下旬いつ?
・引っ越し料金が最も安くなるのは何曜日?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*