宅急便を検討しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

持っていく荷物によっては引越し業者に依頼するよりも
宅配便で荷物を運んだ方が、かなり格安で引越しをすることができます。
そのため、引越しの見積りを取る時は一緒に宅急便での引越しも検討してみましょう。

宅急便を利用しない方が良い荷物

家電類等壊れやすいもの

特にテレビ等の精密機械は絶対にやめましょう。

宅急便で荷物の搬送を依頼する場合に「ワレモノ注意」の部分に
記入するとシールを貼ってもらえますが、実際に丁寧に
運んでくれるかどうかは別物です。

また、ワレモノ注意のシールを貼っていたとしても
壊れた時にダンボール等の外箱にダメージがなければ
補償はしてくれません。

引越し業者であれば国土交通省が定めた「標準引越輸送約款」の第26条にて
「荷物に滅失又はき損により直接生じた損害を賠償します。」と記載があります。
これを元に引越し業者は約款を作り、許可をもらうため、内容はその引越し業者の
約款によりますが、その約款に従い補償されます。

また、引越し前に通常1,000円~1,500円程度の保険に加入しておくことで
引越し業者の加入している保険から補償してもらうことができます。

そのため壊れやすく、高価なものは引越し業者に依頼した方が良いです。

組み立て解体ができない又は面倒なもの

例えばベット等、組み立て・解体ができない又は面倒な場合も
引越し業者に依頼すると、組み立て・解体を追加料金なしで
してくれます。

自分は当時はベットを使っていたんですが、1人で組み立て・解体って
けっこう骨を折ります。

そのため、組み立て・解体が必要な荷物がある場合は
引越し業者に依頼した方が良いです。

まとめ

引越し=引越し業者のイメージが強いため、引越し業者にお願いしがちですが、
上記以外の荷物しかない場合は宅急便の方が格安で引越しができます。

例えば新生活を迎える学生さんなどは
衣類のみ宅急便で運び、家具・家電は引越し先で購入するなど
工夫すれば引越し費用を、かなり抑えることができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。