ガスの使用開始・停止手続き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転居する場合、電気、ガス、水道のライフラインの手続きや
インターネットの手続きは、契約者本人が
それぞれの会社で手続きをする必要があります。

ガスに関しては、ガス使用開始、ガス使用停止のどちらか、
または両方の手続きが必要です。

ガス使用開始手続きとは

新しく入居する部屋でガスを利用するために
必要な手続きです。
入居先がオール電化の場合は、手続き不要です。

ガス使用開始手続きを忘れてしまうと、ガス機器が
使えません。

ガス機器とは、ガスコンロ、ガスファンヒーター、ガス給湯器等です。
ガスコンロやガスファンヒーターは使えなくても、特に問題ないですが、
ガス給湯器は大問題です!!お風呂・シャワーに入れません!!

さすがにお風呂・シャワーに数日入れないのは、きついと
思うので、忘れずにガス使用開始手続きをしましょう!

ガス使用開始手続きの方法

以前は地域によってガス会社の管轄みたいなものがあり、
契約先が決まっていましたが、LPガス会社は既に小売りの自由化が
されており、2017年4月~は都市ガスの小売りも自由化されます。

そのため、これからは自由にガス会社を選ぶことができます。
会社によってガス料金が異なるため、料金を比較検討して好きな
ガス会社で手続きしましょう。

ただマンションやアパートは、残念ながら始めからガス会社が
決まっている場合も多いので、その場合は諦めて、そのガス会社に
連絡しましょう。

手続き方法についてですが、引越しの1週間前までに手続きをすれば
インターネット又は電話で申し込みができます。

引越し1週間を切るとインターネットからは
申込みができなくなり、電話でのみ申込みをすることができます。

いつまでにガス使用開始手続きをするべきか

引越しの2週間前~1週間前までに手続きをすることを
強くオススメします。

ガスは電気、水道と違い、必ず立会いが必要です!!

立会いの日程の予約は、もちろん早い者勝ちです。
特に3月・4月など引越しの多い時期は、なかなか希望日時を
抑えるのに苦労しますので、早め早めの手続きが重要です。

ガス使用停止手続きとは

今まで住んできた部屋のガス使用を停止するために
必要な手続きです。

この手続きを忘れてしまうと、旧居と新居の両方で
ガス料金を払うことになってしまうので、忘れずに
停止手続きをしましょう。

ガスを使用していなければガス料金は掛からないのでは?
と思うかもしれませんが、一切ガスを使わない場合でも
基本料金は請求されます。

ちなみにガスからオール電化に変えた場合も
ガス使用停止手続き手続きをしなければ、基本料金は
請求され続けるので気をつけましょう。

ガス使用停止手続きの方法

ガス使用開始手続きと同じで引越しの1週間前まで
手続きをすればインターネット又は電話で申し込みができます。

引越し1週間を切るとインターネットからは
申込みができなくなり、電話でのみ申込みをすることができます。

いつまでにガス使用停止手続きをするべきか

引越しの2週間前~1週間前までに手続きをすることを
オススメします。

ガス使用開始手続きと異なり、基本的には立会いは不要ですが、
ガスメーターが室内にある場合やオートロック式の建物の場合等は
立会いが必要になるので、やはり使用停止手続きの場合も
早め早めの手続きが重要です。

ガス使用停止手続きを忘れていた場合は、すぐに引越し前の
ガス会社に連絡しましょう。

インターネットからだと手続きが遅くなるので、電話で
連絡することをオススメします。

原則として連絡した日が解約日となるので、解約日までの
基本料金は諦めましょう。

まとめ

ガス使用開始手続きと使用停止手続きの相手先が変わる場合に
手続きし忘れに気をつけましょう。

このような場合、どちらか一方だけ手続きをして、
もう一方の手続きを忘れてしまう場合が多々あります。

どちらか一方でも手続きが済んでいると「ガスの手続きは終わった。」
と勘違いしてしまうので、両方いっぺんに手続きをすることをオススメします!!

その他、引越しをすると、様々な手続きが必要です。
下記ページを参考に忘れないように変更手続きをしましょう。

 住まい暮らし応援サイト
住まい暮らし応援サイト
https://sumaikurashiouen.com/hikkoshitetudukiitiran/
Just another WordPress site

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*