お風呂の追い炊きとお湯の張り替えはどっちがお得?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはお風呂に入る時、
一度ためたお湯を追い炊きして入浴しますか?
それとも毎回お湯を張り替えて入浴しますか?

家族がいる場合は、圧倒的に毎回お湯を張り替える人の方が多いと思いますが、
1人暮らしの場合、たった1回お風呂に入っただけでお湯を流してしまうのは
なんだか勿体ない気がしますよね。

追い炊きだとガス代のみ
お湯を張り替えるとガス代+水道代
とガス代の他に水道代まで掛かるため、
なんとなく追い炊きの方がお得な気がします。

また、ネットで調べてみると、
圧倒的に追い炊きの方がお得!と
紹介されているサイトの方をよく見るため、
なおさら追い炊きの方がお得な気がします。

でも実際のところはどうなんだろう?と思い
下記の条件で比べてみました!!

条件
ガス会社 東京ガス
水道局 東京都水道局
水温 15度
給湯温 40度
水量 200L
世帯構成 4人家族
お湯の入れ替え頻度 追い炊きは2日に1回
入れ替えは1日に1回

ガス代はお湯の張り替え(給湯式)の方がお得!

 

まずは、追い炊き(風呂釜式)と入れ替え(給湯式)の
単純なガス代を比べてみましょう。

東京ガスのウェブサイトの情報を引用するとガス代は次のようになります。
http://www.tokyo-gas.co.jp/ultraene/data_bathroom01.html

お風呂1回あたりの料金
追い炊き(風呂釜式) 73.3円(0.68㎥) 所要時間:35.2分
入れ替え(給湯式) 63.2円(0.58㎥) 所要時間:8.1分

上記のとおりお風呂1回あたりの料金は
毎回お風呂のお湯を入れ替えた方が10.1円安いです。

年間(1日1回×365日お風呂に入った場合)で見ると

年間のガス代
追い炊き(風呂釜式) 26,751円(247.0㎥)
入れ替え(給湯式) 23,054円(212.9㎥)

26,751円-23,054円=3,696円
※端数処理の関係で単純な計算結果とは数値が違います。

ガス代に関しては、入れ替え(給湯式)の方が3,696円お得と言う
結果になりました。

そのため、もしも
・井戸水のため、水道代が0円
・水道代が固定金額
のような場合は、入れ替え(給湯式)の方が断然お得になります。

水道代は追い炊き(風呂釜式)の方がお得!

次に水道代を見ていきましょう。
水道代は使えば使うほど値段が上がっていきます。(従量料金)

そのため、計算しづらいですが、4人家族の場合を想定して
お風呂1回あたりの水量(200L)の単価を算出して比較してみたいと思います。

東京都水道局が実施した平成28年度生活用水実態調査によると
世帯人員別の1ヶ月の平均使用水量は下記のとおりです。

世帯人員別の1ヶ月あたりの平均使用水量
1人 8.2㎥
2人 15.9㎥
3人 20.4㎥
4人 24.3㎥
5人 28.5㎥
6人以上 33.9㎥

東京都水道局平成28年度生活用水実態調査

そして東京都水道局のウェブサイトの情報を参考にすると
水道料金は次のようになります。
https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/ryokin/keisan_23.html?area=23ku

25㎥使った場合の水道料金(4人家族)
基本料金 メータ口径13mm 860円
6~10㎥ 22円×5㎥=110円 110円
11~20㎥ 128円×10㎥=1,280円 1,280円
21~25㎥ 163円× 5㎥=815円 815円
合計 3,065円

東京都の場合、水道料金が増えると下水道料金も増えるため、
下水道料金も考慮します。

25㎥使った場合の下水道料金(4人家族)
0~8㎥ 560円(使用量に関係なく) 560円
9~20㎥ 110円×12㎥=1,320円 1,320円
21~25㎥ 140円×5㎥=700円 700円
合計 2,580円

3,065円(上水道料金)+2,580円(下水道料金)=5,640円
これに消費税1.08をかけると6,091円(端数切捨て)
1L当りの単価は6,091円÷25,000L= 0.24円
0.24円×200L=48円(お風呂1回分)

以上の計算からお風呂1回(200L)あたりの水道料金を48円と
仮定すると年間の水道料金は下記のとおりです。

年間の水道料金
追い炊き(風呂釜式) 183日×48円=8,784円
入れ替え(給湯式) 365日×48円=17,520円

入れ替え(給湯式)と追い炊き(風呂釜式)の差額は
17,520円-8,784円=8,736円

水道代に関しては、追い炊き(風呂釜式)の方が8,736円お得と言う
結果になりました。

結論:追い炊き(風呂釜式)の方がお得!!

今回検証した結果、

ガス代 水道代 ガス代+水道代
入れ替え(給湯式) 17,520円 23,054円 40,574円
追い炊き(風呂釜式) 8,784円 26,751円 35,535円

追い炊き(風呂釜式)の方が年間5,039円お得と言う結果になりました。

地域によって水道代、ガス代が違うため一概には言えませんが、
程度の差はあれ、どこの地域であっても追い炊き(風呂釜式)の方が
お得になると思います。

お風呂代を今より安くする方法

水道代は公共料金のため、どうすることもできません。
しかし、ガス代に関しては、ガスの自由化により、
工夫することで、安くすることができます。

そして、ガス料金を最も簡単に安くする方法は、
安いガス会社に切り替えることです。

でも、地域にどんなガス会社があるのかもわからないので、、
自分1人でガス会社を比較して選ぶのって、大変ですよね。

そんな時は、プロパンガス料金比較をまとめて見積できるサービスを
利用しましょう!

私のオススメするサイトはenepi(エネピ)です。

enepi(エネピ)は日本で唯一問い合わせと同時に複数社の料金プランを比較できるサイトです。

保安体制、信頼性など、独自の基準で厳選した全国の優良ガス会社を紹介してくれます。

また、enepi(エネピ)を利用すると
・切り替え手続き無料
・解約手続き不要(※一部地域を除く)
・仲介手数料無料
・enepi(エネピ)紹介特典あり

上記4つのメリットもあります。

enepi(エネピ)を利用することで、余計な手間暇・費用をかけることなく、
最大年間8万円も安くなります。

enepi(エネピ)では、プロパンガス料金のシミュレーションもできます。

余計な金額を支払っているのは、損ですし、本当にもったいないです。
自分の家のガス代が高いのか安いのか?だけは一度調べてみることを
強くオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*