下見(内見)は時間帯と曜日を変えて数回訪問しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋探しをするうえで下見(内見)は非常に重要です。
どういう部屋か、どういう施設が周辺にあるのかは間取り図、周辺地図、写真
を見れば、ある程度わかりますが、町の雰囲気等、わからないところが
必ずあります!!

私自身1週間前くらいに突然県外への異動を出されて、1回も
下見(内見)できずに、住んでみて後悔したことが多々あります。汗

そのため必ず下見(内見)をしましょう。

そして下見(内見)をするときは時間帯と曜日を
変えて訪問することをオススメします!!

なぜ時間帯と曜日を変えるのか

同じ物件の同じ部屋でも訪問する時間帯と曜日が変わると
全く別の部屋に変わります。

「大げさだなぁ。」と思うかもしれませんが本当です!

例えば・・・

平日の昼間は近隣住民が仕事、学校に行っていて静かだったが
帰ってきたら意外と生活音が響いて気になる。

部屋の前の道路を走るトラックの音や振動が
夕方から朝にかけて周辺が静かになると目立って気になる。

繁華街に勤めている人が住んでいる又は帰るときに必ず
立ち寄る地域のため、早朝の話し声や歩く音が気になる。

などなど物件周辺の環境は時間帯や曜日で様変わりします。

そのため深夜帯など下見(内見)するのが難しい時間帯も
ありますが、部屋探しで後悔しないために、できる限り時間帯と
曜日を変えて訪問しましょう。

できれば朝、昼、夕の3回は訪問したいところです。

1回しか下見(内見)できない場合はどうすれば良い?

それでも忙しくて1回しか下見(内見)できない場合もあると思います。

そのような場合は、自分が必ず部屋にいてリラックスした時間帯と
曜日に下見(内見)に行きましょう。

例えば
・休日に家で過ごすことが多い人は休日に下見(内見)
・夜勤の仕事の人は就寝時間の朝から昼にかけての時間帯に下見(内見)
などです。

仕事中や外出しているときに、いくら周りが騒がしくても関係ありません。
自分が部屋にいる時にいかにストレスなく過ごせるかが最も重要です。

まとめ

せっかくの休日に訪問するのは、確かに面倒ですが、その後の
生活に直接関わってくるところなので、面倒くさがらずにできるだけ
時間帯と曜日を変えて下見(内見)しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。