工務店(中小企業)の特徴・メリット・デメリットとは

ハウスメーカーは大きく分けて

・大手ハウスメーカー(大企業)
・工務店(中小企業)
・大工さん(個人事業主)
・低価格住宅(ローコスト住宅)メーカー(新興企業)

の4種類の会社(業者)に分けることができます。

それぞれ特徴・メリット・デメリットがあるため、
マイホームの購入を検討するときに
どの会社(業者)で建ててもらうのか?
を最初に悩むと思います。

そこで、このページでは、4種類ある会社(業者)のうち
工務店(中小企業)の特徴・メリット・デメリットについて
ご紹介します。

工務店とは

工務店は地域密着型の中小企業です。

大手ハウスメーカーと同様に設計から工事まで
行いますが、工務店は地域が限定されており、
会社の規模も小さいです。

また、一口に工務店と言っても、
専門分野・得意とする分野が異なります。

そのため、
・デザイン・設計に重きを置いている工務店
・設計は外部に委託し、施工・工事のみを行う工務店
・自社で土地を購入して建売住宅を販売する工務店
・大手ハウスメーカーの下請けを行う工務店

など、様々な形態があり、それらが複合するため、
工務店の数だけ特徴があります。

メリット1:建物価格が安い

通常、大手ハウスメーカーと契約した場合、

大手ハウスメーカー→工務店→大工さん

の順で仕事が元請けから下請けに流れていきます。

当然3者全てが利益を出す必要があるため、今度は逆に

大手ハウスメーカー←工務店←大工さん

の順で利益が上乗せされます。

しかし、工務店と契約した場合、仕事の流れは

工務店→大工さん

となり、大手ハウスメーカーの取り分(利益含む)を
マルッと削減することができます。

特に大手ハウスメーカーは、
・広告宣伝費
・販売促進費
・人件費

に多くの費用が掛かる分、取り分も多いため、
それだけ建物価格を下げることができます。

メリット2:設計の自由度が高い

大手ハウスメーカーでも、施主と一緒に
間取り・設計については、作り上げていくことができますが、
キッチンや浴室などの設備や内装材、外壁材まで
自由に決めることができません。

それに対して工務店は、構造・工法・仕様等にこだわりはありますが、
間取りや外観デザインなどの設計から、
キッチンや浴室などの設備や内装材、外壁材まで
施主と一緒につくりあげていきます。

それが大手ハウスメーカーと工務店の最大の違いです。

大手ハウスメーカーは「標準仕様」と言うものが存在するため、
いくつかのバリエーション・パターンから「選択」します。

お金を出せば「オプション仕様」にすることもできますが、
それも、あくまで選択肢の幅を増やすだけです。

それに対し、工務店の場合、工務店が用意したものから、
「選択」するだけでなく、施主が希望するものを自由に
決めることができます。

そのため、工務店の方が大手ハウスメーカーで作るよりも
設計の自由度が高いです。

メリット3:コミュニケーションが取りやすい

工務店の場合、最初の窓口から引渡し、
アフターサービスまで、1人の担当者(主に社長)がつきます。

マイホームに関して何か要望や困ったことがあれば、
この担当者に話を通せば良いので、
非常にコミュニケーションが取りやすいです。

大手ハウスメーカーのように、
「住宅ローンに関しては営業担当」
「設計に関しては設計担当」
「照明に関しては照明担当と設計担当」
など、各担当にそれぞれ話す必要がないため、
手間もかかりませんし、連絡漏れも少ないです。

メリット4:地域の特徴に合う住宅を作ってくれる

工務店は、限定された地域で活躍しているため、
その地域の特性を知り尽くしています。

例えば断熱性一つとっても、
「地域区分のUA値は満たすけど、この辺りは潮風が吹いて
冷えるから断熱材を、もう少し足しておいた方が良いですよ。」

と言ったアドバイスをしてくれます。

このように、より地域性に合った
住みやすい住宅を提案・建築してくれます。

デメリット1:優良工務店を探すのが大変

工務店はCMを流したり、住宅展示場を
持っていません。

そのため、地元にどんな工務店があるのかを
調べるのも大変です。

また、工務店は活躍する地域が限定されており、
建築着工件数も大手と比べてかなり少ないので、
評価の良し悪しがわかりません。

仮に良い評価・悪い評価だった工務店も
社長や社員が変われば社風も変わるため、
少し前の評価は、あまりあてになりません。

このように、優良工務店を見つけ出すのは、
至難の業です。

デメリット2:品質・性能にバラつきがある

品質・性能は、工務店によってバラバラです。

優良工務店に当たれば高品質・高性能の
住宅を建ててくれますが、運悪く劣悪な工務店に
当たってしまった場合、欠陥住宅を建てられる可能性があります。

欠陥住宅とまでは言わなくても、屋根裏・床下・壁内など、
目に見えない部分を適当に工事されたり、質の悪いものを
使われたりと言った手抜き工事をされる可能性があります。

欠陥住宅・手抜き工事に、施工中すぐに気がつけば、
やり直してもらえますが、大抵引き渡しを受けてから、
数年後に不具合が出てきて、そこで初めて欠陥や手抜きに
気がつきます。

残念ながら、引き渡しを受けたあとは、
保証が効く場合もありますが、大抵は
保証が効かずに自腹で補修しなければならず、
しかも完全に直すことはできないため、
注意が必要です。

デメリット3:デザイン力・設計力は低い

工務店の主な業務は、あくまでも施工であり、
設計ではありません。

そのため、あまりオシャレな間取り・デザインの
家を提案してもらえません。

最近では、設計士を採用するなどして、
デザイン力・設計力の強化に努める
工務店は増えてきています。

しかし、それでもデザイン力・設計力の高い
工務店を探すのは難しいです。

デメリット4:完成品がイメージしにくい

工務店は住宅展示場を持っていませんし、
工場見学などもしていません。

また、建築着工数も多くないため、
完成見学会なども、ほとんど開催されていません。

パンフレットも用意していない工務店もあります。

そのため、実際にどんな住宅が建つのか、
設計図で判断するしかなく、完成品を
イメージするのは難しいです。

デメリット5:完成までに時間が掛かる

工務店は、少ない人数で会社を運営しているため、
プランの提案・見積りの作成に時間がかかります。

もちろん
土地が用意できているか?
間取り・デザインに満足できるか?
など、依頼人の都合によって、
さらに時間が掛かります。

デメリット6:長期保証は期待できない

基本的に地域密着型なので、
アフターサービスは、しっかりしてくれます。

しかし、倒産する可能性があるため、
長期の保証は期待できません。

もしも倒産してしまった場合は、
法律で決められている
最低限の10年保証すら
受けることができなくなります。

まとめ

優良工務店を見つけることができれば
住宅性能が高く、設計の自由度も高いのに
建物価格は安いと言う非常にコストパフォーマンスの高い
住宅を建築することができます。

しかし、この優良工務店を探すのが、
至難の業です。

劣悪工務店に引っかかってしまった場合は、
最悪欠陥住宅を建てられる可能性もあるため、
工務店でマイホームを建てる場合は、工務店の
検討にしっかり時間と労力を使いましょう。