共益費・管理費

毎月支払う家賃の詳細を見てみると家賃の他にも
駐車場利用料、共益費、管理費と言う項目が
含まれていることがあります。

このページでは共益費・管理費について説明します。
※駐車場利用料、共益費、管理費の項目は必ずある項目ではありません。
賃貸物件によっては、これらの項目がない場合があります。

共益費・管理費の金額

共益費・管理費の金額は決まっていません。

大家さんによっては家賃と共益費・管理費とを区別せずに
まとめて家賃に含めている場合もあります。

共益費・管理費として請求される場合、地域によっても異なりますが、
大体月額家賃の5%~10%の金額が相場と言われています。

共益費・管理費の性質

共益費とは

共益費とはマンションやアパートなどの共有部分と呼ばれる
スペースの維持管理(清掃、修復等含む)に必要な費用のことです。

例えば
・エレベーターの電気代・保守点検費用
・廊下や駐車場などの定期清掃費用
・浄化槽の保守点検費用
・敷地内にある電灯の電気代・電球代
・当該物件の固定資産税
・当該物件の都市計画税
等です。

管理費とは

管理費とは物件そのものの維持管理に必要な費用のことです。

共益費は共有部分の費用に限定されていたのに対し、管理費は
物件そのものの維持管理全般の費用のことを指すため、より
広い意味での維持管理費用となります。

共益費・管理費の違い

上記のとおり厳密に言うと共益費と管理費で意味合いは違うんですが、運用する上では
明確な区別はなく、大家さんによっても定期が異なるため、借りる側としては
共益費=管理費と考えても特に問題はありません。

共益費・管理費を安くするには

共益費・管理費も交渉によって値引きすることは可能です。
まずは駄目もとで交渉してみましょう!!

しかし、共益費・管理費の性質上、原則として金額が高ければ
高いだけ維持管理にお金を掛けていることになりますし、逆に
安ければ安いだけお金を掛けていないと言うことになります。

例えばエレベーターがある物件とない物件を比べた場合、当然
エレベーターがある物件の方が共益費・管理費は高くなります。

下見に行ったときに、エレベーター等の設備があったり、敷地内が
清掃されているなど、キチンと管理されていて、尚且つ金額も相場の
範囲内であれば共益費・管理費の値引きについては諦めましょう。

しかし、エレベーター等の設備がなかったり、敷地内の電灯の電球が切れていたり、
周辺が汚かったりとキチンと管理されていないのにも関わらず、
共益費・管理費の金額がそれなりにする場合は、他の物件の共益費・管理費を
引き合いに価格交渉をしてみましょう。

安くなる可能性が高くなります。