分譲地・一般地(宅地)それぞれの特徴・違いとは?

土地には、大きくわけて
・分譲地
・一般地(宅地)

の2種類があります。

マイホームを検討している方は、
どっちの土地を購入するほうが、
理想の家を建てるのに良いんだろう?
と悩まれているんではないでしょうか。

このページでは、それぞれの土地の
違いについて、ご紹介します。

分譲地・一般地って、そもそもどんな土地

分譲地とは、不動産業者などが、所有している
広い土地をいくつかの土地に分けて(区画整理して)
宅地用に販売している土地のことを言います。

一般地とは、分譲地ではない土地のことを言います。

分譲地以外の宅地はもちろん、
農地、畑、山林、雑種地などは、
全て一般地と言うことになります。

分譲地の最大の特徴は明瞭会計

分譲地の最大の特徴は何と言っても
土地に掛かる費用がいくらかが明確であると言うことです。

一般地の場合は、土地代の他に

・仲介手数料
・建物があれば解体費用
・農地転用など、現況が宅地でない場合は、宅地に変更する手続き費用
・宅地が建てられるように造成する費用
・電気、ガス、上下水道などインフラを整備する費用

などが必要になる場合があります。

そして、これらの費用は土地調査をしなければ
実際にいくら掛かるのかわかりません。

それに対して、分譲地の場合、

・仲介手数料 ⇒ 0円
・解体費用 ⇒ 建物がないため不要
・宅地に変更する手続き費用 ⇒ 手続き済みのため不要
・造成する費用 ⇒ 造成済みのため不要
・インフラを整備する費用 ⇒ 整備済みのため不要

となっており、土地に掛かる費用=土地代
なので、非常にわかりやすいです。

そのため、
「土地代は安かったけど、各種整備費用も含めると、割高な買い物だった…。」
なんてことは、分譲地の場合、まず起こりません。

分譲地のその他の特長等については、下記のページをご覧ください

一般地の最大の特徴は自由度が高い

一般地の最大の特徴は、好きな場所に好きな家を
建てられるのが最大の特徴です。

まず場所に関してですが、
分譲地は、広い土地をいくつかの土地に分けて(区画整理して)
販売しています。

そのため、都心部や駅の近くなどは、店舗や住宅が密集しており、
広い土地を確保するのが難しいため、
分譲地で土地を探すと、どうしても郊外になってしまいます。

しかし、一般地であれば、都心部や駅の近くなど、
人気のあるエリアでも、売りに出している場合があるため、
土地を見つけることができる場合があります。

次に建物に関してですが、分譲地の場合、
決められたハウスメーカー・工務店で建てなければならない
と言う建築条件が付きます。

そのため、例えば積水ハウスの分譲地では、
積水ハウスの家しか建てることができません。

住友林業や大和ハウスの家を建てたいと思っても
積水ハウスの分譲地で建てることはできません。

それに対して一般地の場合、
建築条件はないため、好きなハウスメーカー・工務店で
好きなように家を作ることができます。

一般地のその他の特長等については、下記のページをご覧ください

分譲地・一般地の違い総まとめ一覧

分譲地・一般地の違いをまとめると下記のとおりです。

分譲地 一般地
土地価格 比較的高い 比較的安い
仲介手数料 0円 (売買価格×3%+6万円)+消費税
インフラ整備 不要 必要(別途費用が掛かる)
造成費用 不要 必要(別途費用が掛かる)
建築条件 あり なし
場所 主に郊外 好きなところを
近隣環境 同じくらいの世代・家族構成 世帯・家族構成がバラバラ
価格交渉 できない できる
土地の境界 ハッキリしている ハッキリしていない

分譲地・一般地どっちが良いの?

分譲地・一般地どっちが良いの?結局のところ、分譲地・一般地どっちが良いのか?
一概にどちらが良いとは言えません。どちらにもメリット・デメリットがあるため、
それぞれの土地の特長を理解したうえで
土地を探すことが何よりも大事です。