IHとガスコンロどっちが良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではIHクッキングヒーターが
備え付けられている部屋も多くなりました。

IHとガスコンロどっちが良いかは、入居する人によって
異なるため、それぞれのメリット・デメリットについて
紹介します。

IHのメリット

・最初から備え付けられている。(初期費用不要)

ここ数年以内に建ったアパートやマンションの場合、最初から
IHクッキングヒーターが備えられているところが多いため
自分でわざわざ購入する必要がありません。

・掃除が簡単

ガスコンロは凹凸が多く、何かと掃除をするのが面倒ですが、
IHは凹凸がないため、サッと拭くだけで掃除ができます。

IHのデメリット

・口数が少ない

賃貸住宅にあるIHクッキングヒーターの場合は
1口しかない事が多いです。

そのため、同時に複数の料理を作ることはできません。

・火力が弱い

市販されてる住宅向けのIHだとガスコンロよりも火力が強いらしいんですが
賃貸住宅に備え付けられているIHは火力が弱いことが多いみたいです。

・キッチンが狭い

IHクッキングヒーターが備え付けられている部屋は上記の通り
あまり料理向けではないからなのか、キッチンが狭いことが多いです。

ガスコンロでも狭いですが、それよりもさらに狭いです。

・電磁波による健康被害

こちらは、詳しい内容はわかりませんが・・・
IHクッキングヒーターから出ている電磁波が人体に
悪影響を及ぼすとか・・・

それぞれの意見があるので、真偽の程はわかりませんが、
IHクッキングヒーターを検討するときは調べておいた方が
良いと思います。

・他の家電と併用できない

IHはガスではなく電気を使うため、エアコン、電子レンジ、ドライヤーなど
電力を使う家電を使っていると、すぐにブレーカーが落ちてしまいます。

ガスコンロのメリット

・複数口ある

市販のガスコンロは大抵2口以上のコンロです。
そのため、一度に複数の料理を作ることができます。

・火力が強い

賃貸住宅に備え付けられているIHクッキングヒーターと比べて
火力が強いです。

ガスコンロのデメリット

・ガスコンロを購入しないといけない(初期費用がかかる)

IHクッキングヒーターと違い、ガスコンロは備え付けられておらず
自分で購入しなければいけません。

値段はそれぞれ違いますが、大体1万円前後掛かります。
意外と大きな出費です。

・転居するときに処分が必要

プロパンガス用のガスコンロで都市ガスは使えません。
その逆も然りです。

そのため転居先で使用できるガスによっては
現在の住まいにあるガスコンロを処分して、
転居先で新たなガスコンロを買わないといけません。

私は以前転勤の多い職場に勤めていたので、その都度
粗大ごみとして捨てていました。

購入後数ヶ月ほどで処分しなければいけない時は
リサイクルショップを利用しましたが、それでも無料で
引き取ってくれる程度で、お金をもらえたりはしませんでした。

まとめ

色々とIHクッキングヒーターとガスコンロのメリット・デメリットを
書きましたが、要するに自炊をしない人はIHクッキングヒーター、
自炊をする人はガスコンロを利用した方が良いと思います。

学生など、はじめての一人暮らしの場合で、料理を作ったことはないけれど
料理を作れるようになりたいのであれば、ガスコンロにしましょう。

初期費用として約1万円かかっていると取り戻そうと
料理するようになり、自然と覚えます。
自分がそうだったので。笑

そのため、自炊できるようになりたい人もガスコンロをオススメします。

SNSでもご購読できます。