見学会ってどんなとこ?絶対に行くべき理由とは

マイホーム

大手ハウスメーカーの展示場に行くと、
次のステップとして見学会に
招待されます。

見学会には大きく分けて

・ハウスメーカーが行う見学会
・施工主(買主)が行う見学会

の2種類があります。

このページでは、上記のうち
ハウスメーカーが行う見学会
について、ご紹介します。

見学会では何をするのか?

見学会とは簡単に言うと、
ハウスメーカーの勉強会のことです。

呼び方はハウスメーカーによって違い、

・工場見学会
・構造見学会
・設備見学会
・現場見学会

など様々ですが、各ハウスメーカーごとの
建築方法・設備などの強みについて学ぶことができます。

勉強会と言っても、学校の授業のように
椅子に座ってお勉強をすると言った類のものではありません。

モデルルームを見たり、性能実験などの体験を通して、
各ハウスメーカーの強みについて学ぶことができます。

ちなみに、性能実験では、

・瓦の耐風実験
・住宅の耐震実験
・断熱壁の耐火実験
・防犯ガラスの耐久実験
・エアコンと床暖房の比較実験

などを体験することができます。

子ども連れでも安心して参加できる

マイホームを検討する方の多くはファミリー層です。

子ども連れの方が多いので、どこのハウスメーカーも
大抵キッズルーム・授乳室を完備しています。

キッズルームに預けなくても
見学会で行われる性能実験は
普段体験できない大掛かりな実験なので、
子どもも一緒に楽しめるものが多いです。

特に住宅の耐震実験は、もの凄く揺れて怖いですが、
震度7が発生したときは、こんなにも揺れるのかと
体験できるので、オススメです。

その他にも、設備を紹介してくれるところであれば、
ガス・IHを使って一緒にクレープなどを作ったりするなど、
子どもが飽きないような工夫が施されています。

また、見学会の最後には子ども達に
おもちゃをプレゼントをしてくれるところもあるので、
子どもにとっても楽しみがあります。

見学者には特典がある

見学会に参加するメリットは、
ハウスメーカーの強みを知ることだけではありません。

見学会に参加すると、なんと特典が付きます。

特典内容は無償グレードアップです。

例えば

・太陽光パネル
・テレビ台
・チェスターフィット
・キッチン、風呂場のグレードアップ
・無垢フローリング

など、見学会に訪れたハウスメーカーで注文住宅を建てると、
どれか1つをサービスで設置してくれます。

見学会に参加するだけで
価格交渉やサービス交渉をする前から
既に1つ高額なサービスが付いてくるのは非常に大きいです。

見学会を実施している会社一覧

見学を実施している会社は下記のとおりです。

・セキスイハイム:ミュージアム
・積水ハウス:住まいの夢工場
・住友林業:住まい博
・一条工務店:住まいの体験会
・ヘーベルハウス:建築現場見学会
・ダイワハウス:家事シェアハウス
・ポラスグループ:体感すまいパーク

ご覧のとおり、大手ハウスメーカーによる実施が多く、
残念ながら工務店大工低価格住宅(ローコスト住宅)
では、あまり実施されていません。

まとめ

ハウスメーカーが行う見学会について
ご理解いただけたでしょうか。

もしスケジュールが合うようであれば
2~3社見に行くことをオススメします。

複数社の見学会に参加することで、
住宅そのものに関する知識が身に付きます。

そして、そこで身に付いた知識が、
その後の打ち合わせや価格交渉等で
必ず役に立ちます。

時間がなくて参加できないよ!と言う方も
特典が付くので契約を予定している
ハウスメーカーの見学会には絶対に参加しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました