住宅展示場に行く時に注意するべき8つのポイント

マイホームを建てたい!と思ったら、
とりあえず近くにある住宅展示場に行って実物を見てみよう!と
思う方が多いのではないでしょうか?

しかし、いざ住宅展示場に行くとなると
・何か必要なものはあるのか?
・交渉前に取り返しのつかない行動をしてしまわないか?
・無理矢理契約させられたりしないか?
・見学後しつこく営業をかけられないか?

などなど不安に思う事もあると思います。

そこで、このページでは住宅展示場に行く時に
注意するべき8つのポイントについて、
ご紹介します。

とりあえず行ってみることが大事


家を購入しようと思ったら、兎にも角にも、
とりあえず住宅展示場に行ってみる事が大事です。

前もって何かを準備する必要は一切ありません。

どんな住宅に住みたいのか?を
勉強するために行くものなので、
むしろ何も準備しないで行ってください。

ごくたまにですが、土地を購入してから住宅展示場に行く人がいますが、
土地を購入することだけは、絶対にしないでください。

なぜなら、法規制など土地には様々な制約があり、その制約のせいで
希望する建物が建てられなくなる可能性があるからです。

また、住宅ローンを組む予定であれば、
時間の制約までかかってしまいます。

百害あって一利なしなので、やめましょう。

メモ帳と筆記用具を持っていこう


住宅展示場に行くと
・最近の住宅事情
・最新設備
・ハウスメーカーの特徴・特性

などについて学ぶことができます。

ハウスメーカーごとに、それぞれ強み・弱みがあり、
アピールしてくるポイントも異なるため、
何か書くものがないと、とても覚え切れないので比較できません。

そのため、メモ帳と筆記用具を持っていきましょう。

ちなみに営業に質問するときのコツとして、
・それぞれで全く同じ質問をする
・数値など明確に答えられる質問をする

と言う方法があります。

例えば断熱性を比べたいのであれば
・UA値
・C値
・Q値
を聞けば、それぞれのメーカーを容易に比較する事ができます。

また、地震対策についても、家の構造が
・耐震構造
・制震構造
・免震構造

のどれなのかを聞くことで比較することが可能です。

アンケートに答える必要はない


住宅展示場に訪れると、まず最初に
「こちらのアンケートにお答えください。」
と言われます。

アンケートに答える事が、さも当たり前のように記入を促されますが、
実は書きたくなければアンケートを拒否しても問題ありません。

アンケートの質問には、名前、住所、職業、年収など、
答えたくないものもあると思います。

答えたくない場合は、
「まだ見ている段階なので、次回来た時に記入します!」
など、適当に理由をつけて断りましょう。

対応してくれた人が営業担当になる


住宅展示場でアンケートを記入すると、
人が付いて家の設備や機能について
説明をしてくれます。

この住宅展示場の見学に付いてくれた人が、
今後、その住宅メーカーで家を建てる時の
営業担当になります。

住宅を建てる時に見落としがちですが、
営業担当の人柄や能力は非常に重要です。

なぜなら、どれだけ良いメーカーで建てる場合でも、
営業マンがダメだと、ダメな家になってしまうからです。

そのため、もしも一緒に住宅展示場を回る中で
営業担当の事を「なんか嫌だな。」
直感的に少しでも思ったのであれば、
日を改めて営業担当を替えてもらいましょう。

住宅展示場のような家は建てられない


残念ながら住宅展示場のような
家を建てることはできません。

試しに住宅展示場に行った時に営業担当の人に
「この家はいくらですか?」と聞いてみてください。

土地を含めない建物代だけで、
安くても1億円にギリギリ届かない金額、
高ければ数億円もします。

余程のお金持ちであれば別ですが、
一般的な家庭では、建物代だけに
そんなにも費用をかけるこはできません。

では、全く参考にならないのか?
と言うと、そんなことはありません。

住宅展示場には、そのハウスメーカーが持っている
技術力・デザイン力がふんだんに使われているため、
そのハウスメーカーの実力を知ることができます。

また、どこがオプション仕様で、どこが標準仕様なのかを
聞いていれば、全ては実現できなくても、
理想のマイホームに近づくことができます。

すぐに契約しない


ハウスメーカーによっては、
すぐに契約をさせようとしてきます。

「いきなり契約なんてするわけない!」

と思っても

今なら200万円相当の太陽光パネルをプレゼント!」
「今契約したら10%割引きします!」

なんて言われたら、どうでしょうか?
迷いませんか?

「今しかない!」と言われると、
心を揺さぶられますが、グッと我慢しましょう。

焦ってメーカーを吟味せずに決めてしまう方が、
色々と後悔してしまいます。

また、ハウスメーカーは、そういうキャンペーンを
しょっちゅう行っているので、今回見逃しても、
大丈夫です。また次があります。

住宅ローンの与信調査は頼まない


契約と同様に、メーカーによっては
住宅ローンの与信調査を勧められる場合があります。

確かに住宅ローンをいくら組めるのか、
わからなければ、予算組みができないため、
家を建てることができません。

しかし、それでもハウスメーカーに与信調査を
依頼してはいけません!!

なぜならハウスメーカーに与信調査を依頼してしまうと、
自分の予算=手の内が全て筒抜けになってしまうからです。

そうなると、色々なオプションを勧められたり、
金額も吹っかけられたりと交渉する上で不利になるので、
絶対に与信調査をハウスメーカーに依頼するのは、やめましょう。

工場見学・完成見学会などに申し込もう


住宅展示場で良いハウスメーカーを
見つけたら、次は工場見学・完成見学会などに
参加してみましょう。

工場見学・完成見学会などに参加することで、
キャンペーン特典が付く場合がありますし、
何よりもリアルな住宅を見ることができます。

もしも、そのメーカーで建てない場合でも、
工場見学・完成見学会などに参加することで、
自分の中でハウスメーカーを判断するうえでの
基準が一つ確立されるため、必ず一度は行くことをオススメします。

まとめ


マイホームは一生に一度あるかないかの
最も高額な買い物です。

焦って買うと、必ず後悔する羽目になるので、
焦らずじっくりと、まずは住宅展示場で情報収集をして、後悔のない家造りをしましょう。