引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?月によって料金が全然違う!

どうせ引越しをするなら、できるだけ安く済ませたいですよね?
そこで、考えていただきたいのが、引っ越しの時期です。

同じ条件でも、引っ越しをする時期が
繁忙期か閑散期かによって引っ越し料金はガラリと変わります。

このページでは、引っ越しの繁忙期・閑散期はいつなのか?
また、料金にどれだけ差が出るのか?について
まとめてみました。

引っ越しの繁忙期・閑散期はいつ?

月によっては上旬は繁忙期、下旬は閑散期といったように
月の中でも繁忙期・閑散期が混在しているような月もあるため、
一概には言えませんが、月別に分けると

3月、4月、8月、10月は繁忙期
1月、2月、6月、11月、12月は閑散期

に大別することができます。

ちなみに繁忙期にも閑散期にも含まれていない
5月、7月、9月は通常期と呼ばれています。

月別引っ越し料金格安ランキング

月別に引っ越し料金を安い順にランキングを付けると
下記のような順位になります。

1位 1月

1月は1年を通じて引っ越し料金が最も安い月です。

その理由としては、1月はお正月や成人式等のイベントが多く、
また人事異動等の人の異動がほとんどないからだと言われています。

>>1月の引っ越し相場

2位 2月

1月に引き続き2月も格安料金で引っ越しができます。

しかし、2月下旬から人事異動・入社・新入学などの進路も決まり
3月の本格的な繁忙期にかけて徐々に引っ越し料金が
上がっていくので注意が必要です。

>>2月の引っ越し相場

3位 11月

11月は3位ですが、1月、2月と比べても引っ越し料金に
ほとんど差はありません。

>>11月の引っ越し相場

4位 6月

6月は
・転勤や新入学など、人の移動が少ない
・祝日がない
・梅雨
等の理由から、引っ越し件数が少なく、
引っ越し料金が、お得な時期です。

>>6月の引っ越し相場

5位 12月

12月は閑散期です。
それもそのはず。

12月「師走」と言われるようにクリスマス、忘年会等のイベントが
盛りだくさんのため、引っ越しどころではありません!!

ただしクリスマスから大晦日にかけての最終週は
引っ越し料金が高くなるので注意が必要です。

>>12月の引っ越し相場

6位 7月

7月上旬は、まだ雨の日が多く、引っ越し件数も少ないです。
しかし、7月下旬になると夏休みを利用して引っ越しをしようと
する人が増えるため、引っ越し料金が高くなります。

>>7月の引っ越し相場

7位 5月

5月は引っ越し料金が高いとも安いとも言えません。

ただし、ゴールデンウィーク(GW)は、
ちょっとした繁忙期になり、引っ越し料金が割高になるため、
気をつけましょう。

>>5月の引っ越し相場

8位 9月

9月は引っ越し料金が高いとも安いとも言えません。

しかし、9月の中旬からは第二繁忙期に突入して
引っ越し料金が高くなるので、注意が必要です。

>>9月の引っ越し相場

9位 8月

夏休み真っ只中のため、引っ越し件数が多く、
引っ越し料金が割高です。

>>8月の引っ越し相場

10位 4月

最繁忙期である3月に引っ越しできなかった人が
4月にズレ込みます。

3月と比べると落ち着いてきますが、
まだまだ繁忙期のため、引っ越し料金が高い時期です。

>>4月の引っ越し相場

11位 10月

多くの企業で、秋の人事異動が行われるため、
引っ越し件数が多く、引っ越し料金も高くなります。

3月の次に引っ越し件数が多くなる月なので、
第二繁忙期と呼ばれています。

>>10月の引っ越し相場

12位 3月

3月は
・新入学する学生
・就職の決まった新社会人
・人事異動により転勤するビジネスマン
等、人の動きが多い時期のため、
1年を通して最も引っ越し件数が多く、
最も引っ越し料金が高くなる月です。

>>3月の引っ越し相場

繁忙期と閑散期で引っ越し料金はどれくらい違うの?

では、繁忙期と閑散期で引っ越し料金を比べると、
どれくらい違うのかと言いますと、何と!!

繁忙期は閑散期の約1.5倍から2倍にもなります!!

例えば、閑散期に10万円で引越しができる場合、
全く同じ条件でも繁忙期だと15万円~20万円もかかります!!

時期が違うだけで、こんなにも引っ越し料金に差が出るため、
会社の異動など、どうしても繁忙期に引っ越しをしなければ
いけない場合は仕方ありませんが、そうでない場合は、できるだけ
繁忙期を避けた方がお得に引っ越しをすることができます。

引っ越し料金を安くするには複数業者の見積りが重要

日時、荷物の量、作業員の人数等、全て同じ条件で
見積もり依頼をしても引越し業者によって、
見積もり金額は様々です。

繁忙期と言っても全ての業者が高い見積り金額を
提示してくるわけではなく、良心的な金額で見積りを
取ってくれる引越し業者もあります。

また逆に閑散期でも、全ての業者が格安で
見積り金額を提示してくれるわけではなく、中には
繁忙期並の見積金額を提示してくる引越し業者もあります。

だからこそ引越し料金を少しでも安くして、相場料金以下で
引っ越しをするためには複数の引越し業者から見積もりを
とってどこが一番安いのかを比較検討する必要があります。

でも、1社1社電話して見積もりを取るのは
面倒ですし、何よりどんな会社があるかわからないですよね。

そういう時は、ネットの一括見積もりがオススメです。
>>一括見積もりがオススメの理由

一括見積りができるサイトはいくつかありますが、
私のオススメは引越し侍の予約サービスです。


ほんの数分の手続きで大手・中堅引っ越し業者全国235社の見積りを
無料でとることができます。

また、一括見積りを通して見積もりを取ると、引っ越し業者も
他社と比較されていることがわかるため、普通に見積もりを
取るよりも最初から安い金額が提示されます。

値引き交渉や人と話をするのが苦手な方でも、
ネットでの一括見積もりに変えるだけで最大50%も
安くなるので、オススメです。

そこから更に、訪問見積もり時に価格交渉をしていくことで
安く引っ越しをすることができます。

あわせて読みたい記事

・引っ越し料金は値切ることができる!知らないと損する交渉術
・引っ越し時に出た不用品を、お得に・楽に処分する方法
・引っ越し見積りの上手な取り方、手順、失敗しないための注意点
・引っ越しの手続き 住民票を移さないと何が困る?手続きに必要なものは?
・引っ越しが一番安くなる時期はいつ?
・引っ越しに縁起の良い日、悪い日はいつ?
・時間帯(午前・午後・指定なし)で引っ越し料金は全然違う!
・引っ越し料金の安い時期は上旬・中旬・下旬いつ?
・引っ越し料金が最も安くなるのは何曜日?