土地探しはハウスメーカー・工務店を決めてから始めた方がメリットが多い

マイホームを購入するうえで、
切っても切り離せないのが土地です。

既に土地を持っている場合は
問題ありませんが、土地がない場合は、
土地探しをしなければいけません。

しかし、いざ土地を探そう!!と思っても、

・どういう土地が良いのか?
・予算はいくらまで出せるのか?
・土地購入のスケジュールはどうなるのか?

など、わからないと思います。

そういう場合は、ハウスメーカー・工務店を
土地探しに巻き込みましょう。

実は、ハウスメーカー・工務店を巻き込んだ方が、
たくさんのメリットがあります。

ハウスメーカー・工務店と利害が一致している


建物の価格交渉などで、ハウスメーカー・工務店と
相対するため、何となく土地に関しても敵対意識を
持ってしまいがちですが、実は土地に関しては
利害が一致しています。

まず、土地売買の仲介に入る不動産会社の立場になって
考えてみましょう。

不動産会社は、その土地が家を建てるのに向いているか、
向いていないかは関係ありません。

極端な話、法的制限・制約等によって、
住宅が建てられないような土地でも良いんです。

不動産会社は、とにかく土地が売れれば、
仲介手数料がもらえます。

次にハウスメーカー・工務店の立場になって
考えてみましょう。

ハウスメーカー・工務店は建物を建ててもらわなければ
売上が出ません。

また、予算は決まっているため、土地に掛ける費用が高くなると、
その分、建物に掛けられる費用が減る=売上が減ってしまいます。

そのため、住宅を建てるのに最適で、
できるだけ安い土地を探す!!と言う点については、
利害が一致しています。

手順に無駄がない


マイホームを購入する際に、
多くの人が住宅ローンを組むと思います。

この住宅ローン、実は土地のみでは、
組むことができません。

住宅ローンを組むには、
敷地に建てる予定の建物の費用も
ある程度、確定しておく必要があります。

つまり、ハウスメーカー・工務店を決めておかないと
資金計画を作ることができず、
土地購入をすることができません。

そして土地は、購入申込みをしてしまうと、

2週間以内に売買契約を締結・手付金の支払い

売買契約後1ヶ月~2ヶ月後くらいに残金全額の
支払い、所有権移転の手続き

をしなければいけません。

そのため、土地を決めてから
ハウスメーカー・工務店を探すのは、
スケジュール的にも無理があります。

そして、上記のスケジュールを守れなければ、
土地を押さえておくことができず、
他者に売却されてしまいます。

売却されてしまうと、また一から土地探しを
しなければならなくなるため、
先にハウスメーカー・工務店を決めた方が
手順に無駄がありません。

全体の予算感が把握できる


マイホームに掛かる費用は

土地代+建物代+諸経費=マイホーム掛かる費用総額

の式で表すことができます。

ハウスメーカー・工務店を決めていれば、

建物にいくら掛かるのか?
諸経費にいくら掛かるのか?

がわかるため、土地代にいくら掛けられるのか?
も自然にわかります。

全体の予算感がわかることで、
良い土地を見つけることが出来たときに
「この土地を購入する!!」
決断することができます。

敷地・地盤調査を無料でしてもらえる


土地には、

・地盤の強度
・法的制限・制約
・上下水道・都市ガスの埋設管の有無
・地中埋設物の有無

など、目に見えない部分があり、

・地盤が弱ければ杭打ちが必要
・法的制限・制約により希望の建物が建てられない
・上下水道・都市ガスの接続が必要
・地中埋設物の除去が必要

など、別途費用・トラブルが発生する場合があります。

土地自体は安く購入することが出来ても、
もろもろの費用が掛かり、結局高くついた
なんて例も、よくあります。

そのため、土地を購入する前には、
必ず敷地・地盤調査をしておいた方が良いです。

通常、敷地・地盤調査には費用が掛かりますが、
ハウスメーカー・工務店が決まっていれば、
ハウスメーカー・工務店によっては、
無料で調査をしてくれます。

良い土地が見つかる可能性が高くなる


ハウスメーカー・工務店を決めてから
土地探しをすることで、下記2つの理由により、
良い土地が見つかる可能性が高くなります。

ハウスメーカー・工務店が分譲地を持っている


ハウスメーカー・工務店が分譲地を
持っている可能性があります。

分譲地の多くは、町の中心地から多少外れてますが、
ハウスメーカー・工務店が先行投資するだけあって、
良い土地が揃っています。

費用面についても、分譲地は
宅地用に造成されいてるため、
別途造成費用は掛かりません。

また、不動産業者を仲介していないため、
仲介手数料も掛かりません。

悪条件も設計によって解決できる


土地そのものの条件が悪くても、
ハウスメーカー・工務店の持っている
設計力・技術力・提案力によっては、
解決することができます。

例えば、天窓・高窓を付けるなど、採光を意識した
家作りをすることで、日当たりを良くすることが可能です。

ハウスメーカー・工務店によって異なりますが、
設計力・技術力・提案力が高ければ、それだけ
悪条件を覆すことができるため、
良い土地にめぐりあえる可能性が高くなります。

費用を抑えることができる


個人で土地を探した場合、地盤が弱いなど、
土地の瑕疵に気づかず購入してしまい、
結局土地代が高くつくことがあります。

ハウスメーカー・工務店と一緒に土地を探す場合、
必ず敷地・地盤調査をするため、土地の瑕疵に
掛かる費用を抑えることができます。

また、ハウスメーカー・工務店が
持っている分譲地を購入した場合は、
造成費用・仲介手数料は掛からないため、
その分、費用が浮きます。

さらに、ハウスメーカー・工務店の持っている
設計力・技術力・提案力によっては、
悪条件も解決することができるため、
悪条件の分、土地を安く購入することができます。

このように、ハウスメーカー・工務店と協力することで、
土地代に掛かる費用を抑えることができます。

最後に


土地選びに失敗する例の多くは、

・長期化
・費用オーバー

が原因です。

土地探しは、時間をかければ良いわけではありません。
費用が高ければ良い土地とも限りません。

良い土地にめぐり合えるかどうかは、運次第ですが、
ハウスメーカー・工務店と協力した方が上記のように
メリットが多く、見つかる可能性が上がるため、
これから土地探しを始める方は、同時に又は先に
ハウスメーカー・工務店探しをすることをオススメします。