専有部分とは

マンションやアパート等の集合住宅では、個人で使用するスペースと
共同で使用するスペースがあります。

この個人で使用するスペースのことを専有部分(専有面積)と言い、
共同で使用するスペースのことを共用部分(共用面積)と言います。

専有部分の代表例は実際に購入・賃貸した部屋全体を指します。
共用部分の代表例はエントランスや共有廊下など、部屋(専有部分)に
入るまでに通る場所等を指します。

ちなみにトイレ・風呂は、各部屋についている場合は専有部分になりますが、
共用トイレ・風呂の場合は共用部分となります。

専有部分は広告よりも実際は狭い

建物床面積の計算方法には、内法面積(うちのりめんせき)と
壁芯面積(へきしんめんせき)の2種類があります。

内法面積とは壁の内側部分の面積です。
壁芯面積とは壁や柱の厚みの中心線から内側部分の面積です。

壁や柱の厚みの半分も含まれるため、同じ部屋でも、壁芯面積の方が広くなります。
実際に使える部屋の面積は内法面積ですが、分譲マンションの広告は、
一般的に壁芯面積が記載されているため、広告よりも狭くなります。

そのため、広告を見て部屋探しをする時は、その面積は内法面積なのか、壁芯面積なのか
確認しましょう。

そして、壁芯面積だった場合は、きちんと内法面積確認しましょう。

実際に使える部屋の面積を知りたいのだから、広告も最初から内法面積を
採用してくれると助かるんですけどね。汗

ちなみに登記簿謄本の面積は内法面積を採用しています。

専有部分と専用部分の違い

ベランダやバルコニーや庭付きの部屋の場合、この部分も専有部分と
思われるかもしれませんが、ここは「専有部分」ではありません。

ベランダやバルコニーや庭は「専用部分」と呼ばれます。

専用部分は共用部分ですが、専用に使う権利が認められているスペースを指します。
そのため、ある程度自由に使えますが、物を置いたり、勝手に改築等をすると
管理規約違反になる可能性もあるため、気をつけましょう。