引越しの見積りは2社以上から2回以上とりましょう。

引越し業者に依頼するときは、少なくとも2社以上から
2回以上見積をとりましょう。

そうすることで引越し費用をかなり抑えることができます。
もちろん見積業者も見積回数も多い方が、より費用を抑えることが
できます。

それでも3社以上から2回~3回程度とれば十分だと思います。

見積り業者の選び方

大手の引越し業者に依頼したいのであれば
ネットで検索しても良いですし、電話帳で検索しても良いと思います。

地元の引越し業者に依頼したいのであれば、市役所の福祉事務所に聞いてみると
良いです。

ケースワーカーは地元の安い引越し業者を知っているので
オススメです。

見積りをとる時に注意すること

・入居日と退去日を決める

入居日と退去日が決まらないと見積りを
とってもらえません。

どちらかが繁忙期にかかっていると見積り金額が上がってしまうのは
もちろんですが、業者によっては既に先約が入っていて引越し作業が
できない可能性があります。

早め早めに入居日と退去日を決めましょう。

・オプションを決める

引越しは、ただ荷物を運んでくれるだけではなく
様々なオプションサービスを付けることもできます。

主なオプションは下記のとおりです。

・荷造り用のダンボールは提供してもらうのか
・荷造りを引越し業者にしてもらうのか
・引越荷物運送保健に加入するのか
・不用品を処分してもらうのか
・引越し完了後のダンボール等を回収してもらうのか
・転居先でのインターネットの申し込みをしてもらうのか

オプションの中には無料のものもありますし、
有料でも企業によって金額が違います。

・仮の見積りを取ってみる

最近は見積りサイトがありますので、
これらのサイトを利用して、まずは仮見積りを取りましょう。
仮の見積りなのでザックリで大丈夫です。











参考程度にとるのが目的なのでネット環境がない方は、
無理に取る必要はありません。

・必ず見に来てもらう

仮の見積りをとったとしても必ず引越し業者数社に連絡をとって
見積りを取りに来てもらいます。

このときは、まだ荷造りしていない状態で大丈夫です。

見積り業者の方は慣れているので、これだけの荷物量だと
どれくらいのダンボール数になるのかわかります。

・最初の見積りは高い

引越し業者に見積りを依頼すると家電等と同じで、
最初の見積り金額は値引きする予定の金額も含めた金額が提示されます。

そのため、絶対に1社からの1回だけの見積りで決めてはいけません。

よく見積りに来た営業の方が
「今この場で決めてもらったら、さらに値引きして○万円でお引き受けします。」
と、さもお得なようなことを言いますが、損をしてしまうので契約しないように
気をつけましょう。

・競争させる

ただ漫然と見積りを取るだけではダメです。
引越し業者同士価格競争をしてもらいましょう!!

1社目の引越し業者にはサイトでとった仮見積りを
2社目以降は、最も安い見積書を見せます。

そうすることで、ほぼ確実に他社よりも安い見積りを出してくれます。

ちなみに自分が見積もりを取ってもらったときは
当初の見積りより大体1万円くらいはすぐに下がりました。

このような感じで1社見積りを取ったら、その見積りを見せて
別の1社に再度見積りを作ってもらうことを繰り返します。

2回目以降の見積りは来てもらう必要はありません。
電話で交渉していきます。

最低でも2社以上から2回以上見積りをとれば、ある程度
見積り金額が下がっているはずです。

最後は大体どこも同じような金額になるので
気に入った業者に引越しを依頼をしたら
良いと思います。

IHとガスコンロどっちが良い?

最近ではIHクッキングヒーターが
備え付けられている部屋も多くなりました。

IHとガスコンロどっちが良いかは、入居する人によって
異なるため、それぞれのメリット・デメリットについて
紹介します。

IHのメリット

・最初から備え付けられている。(初期費用不要)

ここ数年以内に建ったアパートやマンションの場合、最初から
IHクッキングヒーターが備えられているところが多いため
自分でわざわざ購入する必要がありません。

・掃除が簡単

ガスコンロは凹凸が多く、何かと掃除をするのが面倒ですが、
IHは凹凸がないため、サッと拭くだけで掃除ができます。

IHのデメリット

・口数が少ない

賃貸住宅にあるIHクッキングヒーターの場合は
1口しかない事が多いです。

そのため、同時に複数の料理を作ることはできません。

・火力が弱い

市販されてる住宅向けのIHだとガスコンロよりも火力が強いらしいんですが
賃貸住宅に備え付けられているIHは火力が弱いことが多いみたいです。

・キッチンが狭い

IHクッキングヒーターが備え付けられている部屋は上記の通り
あまり料理向けではないからなのか、キッチンが狭いことが多いです。

ガスコンロでも狭いですが、それよりもさらに狭いです。

・電磁波による健康被害

こちらは、詳しい内容はわかりませんが・・・
IHクッキングヒーターから出ている電磁波が人体に
悪影響を及ぼすとか・・・

それぞれの意見があるので、真偽の程はわかりませんが、
IHクッキングヒーターを検討するときは調べておいた方が
良いと思います。

・他の家電と併用できない

IHはガスではなく電気を使うため、エアコン、電子レンジ、ドライヤーなど
電力を使う家電を使っていると、すぐにブレーカーが落ちてしまいます。

ガスコンロのメリット

・複数口ある

市販のガスコンロは大抵2口以上のコンロです。
そのため、一度に複数の料理を作ることができます。

・火力が強い

賃貸住宅に備え付けられているIHクッキングヒーターと比べて
火力が強いです。

ガスコンロのデメリット

・ガスコンロを購入しないといけない(初期費用がかかる)

IHクッキングヒーターと違い、ガスコンロは備え付けられておらず
自分で購入しなければいけません。

値段はそれぞれ違いますが、大体1万円前後掛かります。
意外と大きな出費です。

・転居するときに処分が必要

プロパンガス用のガスコンロで都市ガスは使えません。
その逆も然りです。

そのため転居先で使用できるガスによっては
現在の住まいにあるガスコンロを処分して、
転居先で新たなガスコンロを買わないといけません。

私は以前転勤の多い職場に勤めていたので、その都度
粗大ごみとして捨てていました。

購入後数ヶ月ほどで処分しなければいけない時は
リサイクルショップを利用しましたが、それでも無料で
引き取ってくれる程度で、お金をもらえたりはしませんでした。

まとめ

色々とIHクッキングヒーターとガスコンロのメリット・デメリットを
書きましたが、要するに自炊をしない人はIHクッキングヒーター、
自炊をする人はガスコンロを利用した方が良いと思います。

学生など、はじめての一人暮らしの場合で、料理を作ったことはないけれど
料理を作れるようになりたいのであれば、ガスコンロにしましょう。

初期費用として約1万円かかっていると取り戻そうと
料理するようになり、自然と覚えます。
自分がそうだったので。笑

そのため、自炊できるようになりたい人もガスコンロをオススメします。

Rとは

R=roomの略です。
1R=ワンルームのことです。

間取りは1部屋で、その1部屋の中にキッチンもあります。
扉で仕切られていないタイプの部屋です。

Rの間取りは少し特殊で前につく数字=全部屋数になります。
そして2R、3Rのような間取りはありません。


・1Rの場合、1つの部屋のため全1部屋

KDKLDKの場合、前につく数字の部屋数+キッチン等のため
少なくても2部屋以上の間取りになります。


・1Kの場合、1つの部屋+キッチンのため全2部屋
・2DKの場合、2つの部屋+ダイニングキッチンのため全3部屋
・3LDKの場合、3つの部屋+リビングダイニングキッチンのため全4部屋

おすすめの世帯

1Rは1K同様、新生活を始める学生など、単身者向けの間取りです。

Rを選ぶときの注意点

Rの部屋を選ぶときの注意点は3つあります。

部屋が広いと錯覚する

1部屋だけなので、1kと比べると間取り図の専有面積が
広いんですが、その中にはキッチンも含まれるため
実際はあまり広くないです。

そのため、間取り図だけで決めずに、必ず部屋を見ましょう。
まあ、これはどの部屋についても言えることですが…。

エアコンが効きにくい

これがけっこう見落としがちですが、非常に重要です。

玄関と部屋までに仕切りがないのでエアコンをつけても
効きが悪くて冬は寒く、夏は暑いです。

宅急便等が来て部屋を開けたら、それこそ一瞬で
外気に晒されて、せっかく温めた(冷ました)部屋が
元通りです。

外の音が響いてうるさい

エアコンの効きが悪いのと同じ理由になりますが、
玄関と部屋までに仕切りがないので外の音が響いてうるさいです。

マンションには色んな生活スタイルの人がいます。
朝早く又は夜遅くに階段を登り降りするカンカンと言う
足音が聞こえてきて起こされることがあります。

個人的な感想

エアコンの利きも外の音も玄関と部屋までに廊下があって
仕切られていれば良いですが、そうでない場合は
地味に電気代も掛かりますし、ストレスも溜まります。

実際私も大学生の時に1Rの部屋に住んでいましたが、
エアコンが効かないのと、外の音がうるさいのに悩まされました。

外の音は耳栓などでカバーできるんですが、エアコンの効きが悪いのは
本当に辛かったです。

1Rの部屋を探すときは上記3点を気をつけましょう!

敷金

部屋を借りる際に、初期費用として下記の項目の費用を請求されます。
※ただし、不動産によっては退去時に請求される項目もあります。

・敷金
礼金
鍵交換費用
クリーニング費用
仲介手数料
火災保険料
賃貸保証料
前家賃

このページでは仲介手数料について説明します。

敷金の金額

敷金として支払う金額は、それぞれの不動産によって異なりますが、
一般的には敷金・礼金合わせて家賃の2~3ヶ月分を契約時に請求されます。

例:1ヶ月の家賃が8万円の場合は敷金・礼金が16万円~24万円程度請求されます。

敷金の性質

何で入居するのに、こんなに大金が必要なんだ!?
と憤るのはわかります。私もいつも借りる立場なので。

でも貸主の立場で考えてみてください。
自分が持っている不動産(資産)を、知らない他人に貸すのって
怖くないですか?

家賃を滞納されるかもしれませんし、荷物等を置いたまま
夜逃げされるかもしれませんし、壁やフローリング等を壊されたり、汚されたり
するかもしれません。

敷金はそのような事態になった時に
貸主が困らないようにするための担保金です。

何もなければ原則敷金全額が返還されますし、多少原状回復費用(※1)等が
かかっていても敷金が残っていれば残額を返還してもらえます。
逆に敷金で賄え切れない場合は、後日差額分を請求されます。

例:入居時に敷金として12万円支払っている場合

家賃の滞納も原状回復費用も必要ない場合は12万円全額が返還されます。

家賃の滞納はなく、原状回復費用に8万円かかった場合、残額4万円が
返還されます。

家賃の滞納はなく、原状回復費用に15万円かかった場合、差額3万円が
後日請求されます。

気をつけていただきたいのが敷金の役割として家賃の滞納分の
支払いも含まれていますが、借主の方で勝手に
「今月家賃の支払が厳しいから敷金から払ってて」
なんて使い方はできません。

当たり前ですよね。
そのような使い方が出来るのであれば担保金の意味が全くないので。

もし家賃を1度でも滞納した場合は、契約書の内容によりますが、
家賃を滞納することで、すぐに退去させられる
こともあり得るので気をつけましょう。

※1 原状回復義務とは入居する前の状態に戻すことです。
エアコンなど、それがあることによって部屋の価値が一層増すような
改築・改造等であったとしても、入居前に存在しないものであれば
入居前の状態に戻す必要があります。
もちろん、それらの変更について大家さんの了承を得ているのであれば
入居前の状態に戻す必要はりません。

入居前に1部屋1枚以上写真を撮りましょう

退去した後に傷が発見された場合は、入居期間中につけた
傷と見なされて、修繕費用を請求されることがあります。

しかし、実際は入居する前からあった傷で、責任が全くない場合も
あります。しかし、入居前からあった傷だと証明できなければ
修繕費用を支払わなければいけません。

そのような事態を避けるために、入居する前に
必ず1部屋1枚以上写真を撮りましょう!!

写真をとるタイミングは?

不動産業者の方と、いくつか部屋を見た後に
気に入った部屋を見つけたら、契約後でも良いので
引越しをする前に再度不動産業者の方と
その部屋を訪れましょう。

そして、その時に1部屋1枚以上写真を撮影していきます。
できれば部屋全体で1枚撮影し、部分ごとに1枚撮影するのが
望ましいと思います。

注意するポイントは?

入居前にある傷を探す時に
一番注意が必要なのは、やはり壁紙の部分です。

パッと見ではわかりませんが、よくよく見ると押しピンで穴をあけた跡や
テープで剥がしたような跡が残っていたりします。

傷のある箇所を見つけたら不動産仲介業者の人にも確認してもらいながら
写真を撮影しましょう。

不動産仲介業者の方から
「この傷はお客様が入居する前からある傷なので、修繕費用を請求することはありませんよ。」
等と言われても安心してはいけません。

退去する頃には、入居時の担当者はもう異動していて、いないことも
あるため、相手に丸投げせずに自分自身で証拠を持っておきましょう。

また入念にチェックしていくことで、入居前に故障を見つけることもできます。
故障等は契約書によりますが、大抵入居後でも無償で修理してくれます。

しかし、修理には時間が掛かるので、入居前に見つけるのに越したことはありません。

データの管理を徹底しよう!

最後に当たり前ですが、写真を撮っていても、大事な時に証拠として出せなければ
意味がありません。

退去するのは、写真撮影してから数年後になると思いますので、
現像するなり、データを整理するなりして、紛失しないように大事に保管しておきましょう。

家賃の目安

既に家を借りて生活をしている場合は毎月の生活費にいくらくらい
必要になるかハッキリしていますが、これから初めて家を借りて
生活する場合、いくらくらいの家賃の家を探せば良いのか困ると
思います。

一概に家賃はいくらにするべき!!と言えませんが
目安として収入の4分の1くらいの家賃の家を探すと
丁度良いと思います。


・月収16万円の場合:家賃4万円、残りの生活費12万円
・月収20万円の場合:家賃5万円、残りの生活費15万円
・月収24万円の場合:家賃6万円、残りの生活費18万円

※家賃とは別に駐車場代、管理費、共益費等かかりますが、それらも
含めた家賃の目安です。
※月収については額面金額ではなく手取りのことです。

ネット等で検索してみると収入の3分の1くらいと言われていたりしますが、
収入の3分の1も家賃に使うと生活がかなり苦しくなります。


・月収16万円の場合:家賃約5万3,000円、残りの生活費10万7,000円
・月収20万円の場合:家賃約6万7,000円、残りの生活費13万3,000円
・月収24万円の場合:家賃8万円、残りの生活費16万円

この通り月々使える生活費が収入の3分の1と4分の1では
1万円~2万円まで差がでます。

なぜ家賃の目安が必要?

家を探しているときは、1万円の価値が安く感じてしまいがちです。
しかし、実際に生活してみると、当初安く感じていた+1万円以上がボディブローのように
じわじわと生活を圧迫してきます。

月+1万円と言うことは年間+12万円なので
そりゃ生活を圧迫するわけです。

家賃は固定費のため、食費等と異なり、節約しようと思っても
一度契約してしまったら転居するしか、家賃を減らす方法はありません。

自分の望む条件を全て兼ね備えた家を見つけたとしても、価格交渉した結果、
目安の家賃まで下げられれば、そこで契約しても良いですが、家賃の目安+1万円以上
になった場合は、残念ですが、諦めて別の家を探しましょう。

生活が苦しくなってから、新しいところに引越しをしようにも
現在住んでいる家には解約金、新しく住むところには敷金・礼金等を
支払わなければいけなくなります。

収入の4分の1と言うのは、あくまで目安ですが、生活に余裕が持てるくらいの
家賃を上限にして、その範囲内で家を探しましょう。

サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれるため、ブログ投稿とは異なります。サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものになります。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のブログです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ (通り雨に濡れるのも) 。

または、このようなものでもよいでしょう。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !