注文住宅と建売住宅の違いは?

マイホームの購入方法は大きく分けて

・注文住宅
・建売住宅

の2種類に分けることができます。

どちらの住宅にも、メリット・デメリットがあり、
一概にコッチが良い!とは断言することができません。

それぞれの住宅の特徴を知り、自分にはどちらの建て方が合っているのか
検討して後悔のないマイホームを造りましょう。

注文住宅とは

注文住宅とは、注文してから建てる住宅のことを指します。

どこの土地に建てるのか?
どんな家を建てるのか?

まだ何も決まっていない状態から
スタートするため、好きな場所に
理想のマイホームを建てることができます。

この自由度の高さが注文住宅の最大の売りです。

なお、注文住宅は、建て方によって、さらに

・フルオーダーメイド住宅
・セミオーダーメイド住宅
・規格住宅

の3種類に分けることができます。

それぞれの違いについては、下記ページにてご紹介しておりますので、
そちらをご覧下さい。

建売住宅とは

建売住宅とは、既に建てられた状態で売られている住宅のことを指します。

場所も住宅の間取り等も全て決まった状態で販売されているので、
購入したら、どういう暮らしになるのか現物を見ながら
具体的にイメージすることができます。

また、注文住宅と違い、既に建築されたものを取り引きするため、
価格交渉もしやすいのが特徴的です。

元々の価格も安いですが、交渉によって
更にお得な値段で購入できるのが建売住宅の最大の売りです。

主に低価格住宅(ローコスト住宅)での取り扱いが多いですが、
大手ハウスメーカーの販売している建売住宅もあります。

家にこだわるなら注文住宅

「こんな間取りの家に住みたい!」
「キッチンは絶対にアイランドキッチンじゃないと嫌だ!」

などの要望は、自分の意思を反映できる
注文住宅であれば叶えることができます。

ただし、全ての希望が叶うとは限りません。

一つ一つの要望自体は数万円~数十万円くらいですが、
それらの要望が積み重なると、かなりの金額になってしまいます。

そのため、優先順位を決めて予算の範囲内で
夢を叶えることになります。

多少予算オーバーしても価格交渉で安くしてもらえば良いのでは?

と思うかもしれませんが、注文住宅は
残念ながら価格交渉ができません。

例えばドアや壁をなくすなど、根拠のある値下げは
可能ですし、積極的にするべきです。

しかし、何の根拠もない値下げは絶対にしてはいけません。
なぜなら、欠陥住宅になってしまう危険性が高くなるからです。

根拠もない値下げをすると、材料費や人件費にシワ寄せがいきます。

材料費が削られれば、質の悪い材料が使われてしまいます。
人件費が削られれば、突貫工事になってしまいます。

まだ形のないものなので、安易な値下げは禁物です。

住宅に対して理想やこだわりがあり、
それにお金をかけられる人であれば注文住宅がオススメです。

生活にこだわるなら建売住宅

「マイホームは購入したい!」

でも・・・

「毎年旅行に行きたい!」
「子どもの教育費を手厚くしたい!」
「趣味を充実させたい!」

などの要望は住宅価格の安い建売住宅であれば
希望を叶えることができます。

ただし、建売住宅で失敗しないようにするには、
住宅の知識が必要です。

注文住宅の見た目や間取りは、パッと見、注文住宅と比べても
何の遜色もありません。

しかし、住んでみると大きな差を実感します。

例えば・・・

汚れが付きにくい&落ちやすい材質ではないので壁や屋根が汚れやすい。

断熱材が少ないので冬は寒く夏は暑い。

同様に断熱材が少ないので光熱費が高くなる。

メンテナンス等、アフターサービスが充実していないので、
不具合が生じたときに対応してくれない。

など、特に年数が経つと差が顕著に現れます。

そういうポイントに気がつくことができれば、
変な物件を購入せずに済みますし、それを
逆手にとって価格交渉をすることもできます。

上記の点にだけ気をつければ、建売住宅は

住宅価格が安い=月々の支払いも少ない

ため、マイホームを建てた後でも
生活面を充実させることができます。

住宅に関する知識があり、家よりも趣味などに
お金を使いたい人に建売住宅がオススメです。

まとめ

注文住宅と建売住宅の違いについて
お分かりいただけたでしょうか。

どちらの住宅を購入するとしても
住宅についての情報収集・勉強は必須です。

その上で、

住みやすさ、快適さなど家そのものに
こだわりがあるなら注文住宅、

家そのものよりも、その後の生活スタイルに
こだわりがあるなら建売住宅、

を選んで夢のマイホーム生活を謳歌しましょう。